心配せずにはいられない!can’t help ~ingの英会話表現~5.0#8より

ゲームで楽しく英会話の勉強をしてみませんか?

このサイトではオンラインゲーム・ファイナルファンタジー14で英語の勉強をしています。今回はその中の漆黒のヴィランズ#8クエスト「あの娘の足跡」からです。

クエストを振り返りたい方は後半にセリフがありますのでご覧ください。

can’t help ~ing / can’t stop ~ingの意味と使い分け

まずは、こちらのセリフをみてください。

Alisaie: But without knowing for sure how fast time was passing there, I couldn’t help worrying that a lot might have happened since then.

アリゼー:ひとまずの危機は去っていたと聞いたけど……時間の流れもずれてるっていうし、心配だったのよ。


ここで注目して欲しいのが、couldn’t help worryingです。

can’t help ~ingで「~せずにはいられない」という意味です。

また、これによく似た英語で、can’t stop ~ing「~するのを止められない」があります。

日本語を見るとかなり似ていますが、この2つの表現は使う場面や意味が異なります。

そこで、ここからは、この2つの表現の意味と使い方について順に解説します。

can’t help ~ing「~せずにはいられない」

これは、「まだその動作は始まっていないけど避けられない、どうしようもない」という意味です。

早速ですが、例文をみていきましょう。

絶対笑ってはいけない緊迫した場面だけども…

I can’t help laughing.

「笑わずにはいられない」
(笑いをこらえきれずに笑いだしてしまいそう)

暑い夏、仕事帰りに…

I can’t help drinking beer.

「ビールを飲まずにはいられない」
(飲みたいという衝動を抑えられない)

今回最初にご紹介したアリゼーのセリフだと…

I couldn’t help worrying.

「心配せずにはいられなかった」
(とても心配していた)

このように、can’tをcouldn’tと過去形にすることで、過去の出来事も表現できます。

can’t stop ~ing「~するのを止められない」

これは、「すでに始まっている動作を止めようとしても止められない」ということです。

こちらも、例文をみていきましょう。

目の前で起こっている出来事が可笑しすぎて…

I can’t stop laughing. 

「笑いが止まらない」
(すでに笑っていて、笑いのツボに入っている)

もう彼のことが好きすぎて…

I can’t stop falling in love. 

「恋に落ちるのを止められない」
(すでに完全に恋に落ちている)

花粉症やアレルギーでくしゃみが出続けた後に…

I couldn’t stop sneezing.  

「くしゃみが止まらなかったよ」
(すでにくしゃみをしていて、その後もくしゃみをし続けた)

こちらもcan’tをcouldn’tと過去形にすることで、過去の出来事を表現することができます。

can’t help ~ing / can’t stop ~ingまとめ

今回ご紹介した2つの表現は非常に似ていて混乱しがちですが、そういったものほど頭で覚えようとするよりも、何度も声に出して慣れてしまう方が楽ですし、記憶にも残ります。

これを参考に、みなさん自身で英文を作ってみてくださいね。

can’t help ~ing「(まだ始まっていない動作)をせずにはいられない」

can’t stop ~ing「(すでに起こっている動作)を止められない」

FF14漆黒#8のセリフで英文を読む練習をしよう

今回の教材だったパッチ5.0漆黒のヴィランズ・メインクエスト#8『あの娘の足跡 (英語タイトル Following in Her Footprints) 』のセリフを使って英文を読む練習もしてみませんか?

リーディング力を伸ばすことは語彙や表現方法を増やし、文法力、理解力もつくので英会話の基礎づくりにおすすめです。当サイトでぜひ試してみてください。

※ストーリーに関する記事になります。ネタバレを避けたい方は、記事をストーリークリア後にお読みください。

※日本版のセリフと個人的に調べた英単語は必要に応じた際にチェックできるよう アコーディオンで伏せております。(クリックでご覧になれます)

※日本版は記載された英文の和訳ではありません。ローカライズされているため、参考としてご覧ください。

Following in Her Footprints

Lamon: We have patients here who can’t feed themselves, so I have to keep that in mind when I’m making the meals. It’s not easy work, but it does have its rewards.

ラモン : ここの患者さんには、自力で食事できない方もいます。
そういう人のためにいろいろと考えて、料理を作ってます。
大変ですが、やりがいのある仕事ですよ。

Voyne: No escape… No escape… Sooner or later, they will claim us. Claim us all!

ヴォイン : 大丈夫……俺は、まだ、大丈夫だ……。
罪喰いになんか……絶対に、ならねえ……。

Cassana: No one comes here without a very good reason, and I’ll not pry into what yours might be. I will, however, try to make your time here as…painless as possible.

カッサーナ : ようこそ、「旅立ちの宿」へ。
私に御用かしら?

Cassana: I care for those who can no longer look after themselves. Though in all honesty, I had no intention of staying when I first arrived here with my brother.

カッサーナ : 私は、ここ「旅立ちの宿」の世話人のひとり……
患者たちの身の回りの世話をするのが役割よ。

Cassana: He was a patient here, you see. I started by performing a few chores about the place, and before I knew it, I had become one of the carers. And when my brother’s time came, I decided to carry on.

カッサーナ : 最初はね、兄を引き取ってもらうために来たんだけど、
彼が「旅立つ」までと思いながら、滞在するうちにね……。
今ではここの皆が私の家族ってわけ。

Cassana: The name “Inn at Journey’s Head” describes what goes on here fairly accurately. As with any other inn, it’s simply to rest before you embark on the next part of your journey, if you see what I mean.

カッサーナ : ここはね、「宿」なの。
患者にとって、一時足を止めるだけの場所。
だって、最後には「旅立つ」しかないのだから……。

Cassana: Originally, it was more of an infirmary, a place where the patients were supposed to recover. Over the years, it became clear that once a person is touched by a sin eater, there is no cure. Our job is to prepare them for the journey into…whatever awaits beyond this life.

カッサーナ : だから、「旅立ちの宿」よ。
昔は「療養所」なんて呼ばれていたらしいけど……。
いずれ本当の意味でその名前に戻れば、と思うわ。

Wrenric: The Inn’s home only to the patients and their carers, and they don’t always have time to keep an eye out for danger. That’s my job.

レンリック : 旅立ちの宿にいるのは患者と、その手助けをする職員のみ。
だからこそ、周囲の警戒は必要だろう。
俺たちのような番兵がいるのはそのためさ。

Halric: ……
ハルリク : …………。

Todden: Ahhh…
トッデン : …………ぁ……。

Pawnil: Ugh… Ahhh…
パーニル : ……ぅ……ああ……。

Willfort: Greetings, traveler. This place isn’t much, but you’re welcome to share what we have.
ウィルフォート : やあ、旅人さん。
こんなところだけど、ゆっくりしていってくれ。

Journey’s Head Lookout: If you’re crossing the desert, try to stick close to the rocky outcrops. There are all sorts of nasty things lurking beneath the sand…

そこに突っ立っていると、危ないぞ……。
旅立ちの宿の番兵 : ここから見える遺跡は、ナバスアレン王国のものだ。

Journey’s Head Lookout: We’re surrounded by remnants of the old Nabaath Empire. Some even say the ghilman are the wandering souls of their dead. You know, I’ve always felt this is no place for the living…旅立ちの宿の番兵 : …………

大きな都だったらしいが、「光の氾濫」に飲み込まれ、
いまではご覧のありさまさ。

テスリーンの元へ

Tesleen: Now, where is she…?

テスリーン : さぁて、当のアリゼーは……


Tesleen: …Hm. I think she might be out on patrol.

テスリーン : うーん、いないみたいね。
ってことは、外の見回りに出てるんだと思う。


Tesleen: You could wait, I suppose─but why not go and surprise her!? She usually takes a look at things from the watchtower first, so you might be able to catch her there.

why not    …してはどうかね、よかろう、そうしよう、 なぜいけないのか、いいではないか、していいはずだ

テスリーン : 見回りのときは、物見櫓(ものみやぐら)を拠点にするから、
そっちに行ってもらえれば、ここで待つより早く会えるかも!


Tesleen: It’s not far─head out the south side and you’ll soon see it.
I’ll stay behind, in case she comes back while you’re gone.

テスリーン : 物見櫓は、南側の出口から出てすぐだよ。
私は、入れ違いにならないように、
仕事をしながらここで待ってるね。


Tesleen: The watchtower’s on the south side. I only wish I could be there to see Alisaie’s face when she realizes it’s you!

テスリーン : 物見櫓は、南側の出口から出てすぐだよ。
アリゼー、あなたが急に来たら、きっとびっくりするね!

There are more tracks here, but they end in a mess of disturbed sand・・・

mess    混乱、めちゃくちゃ、ちらかっていること、雑然としたもの
disturbed    かき乱された、動乱の、乱れた、動揺した、不安で、心配で

足跡はあるが、途中で乱れて掻き消えている。ここで何かあったのだろうか・・?

アリゼーとの再会

ボイスカットシーン

???: Get back here!

???? : 待ちなさい!

Alisaie: Is that!? It can’t be…

It can’t be!   まさか!

アリゼー : ウソ……本物!?

選択肢

①Impressive!
②You almost lost that one.

①お見事!
②まだまだ危なっかしい

Alisaie: Just a lesser sin eater.
Nothing to write home about.

lesser   小さいほうの、少ないほう

アリゼー : つ、罪喰いとはいえ、これは雑魚だもの。
倒せて当たり前だわ……。

Alisaie: I knew you’d turn up sooner or later, but I had been hoping for sooner.

hoping    hopeの現在分詞、…を望む、期待する
turn up     …を掘り起こす、発掘する、…を発見する 、…を上へ折り返す

アリゼー : あなたこそ、いつかは来るって思ってたけど、
ずいぶん遅かったじゃない?

Alisaie: How are you?

アリゼー : …………久しぶり、元気だった?

Alisaie: We’ve fought them to a standstill, then…

standstill     停止、休止、行き詰まり

アリゼー : そう……。
帝国との戦いは、膠着状態なのね……。

Alisaie: The Exarch did say that the Empire seemed to have drawn back when he last looked in on the Source.
But without knowing for sure how fast time was passing there, I couldn’t help worrying that a lot might have happened since then.

アリゼー : 一度、原初世界と繋がったっていう水晶公からも、
ひとまずの危機は去っていたと聞いたけど……
時間の流れもずれてるっていうし、心配だったのよ。

Alisaie: I’m heartily relieved to hear that it hasn’t─just as Alphinaud must have been.
As you can imagine, both he and Urianger were desperate to hear the news from home when I arrived.

heartily    心から、本気で、熱心に、元気よく、たくさん、思う存分
relieved    やわらげる、楽にする、救い出す、脱却させる、除いて楽にしてやる、除去する
desperate     (よくなる)見込みがない、絶望的な

アリゼー : アルフィノとウリエンジェには、こっちに来て会えたから、
私の知ってることを伝えておいたわ。

Alisaie: I haven’t actually seen Thancred and Y’shtola yet, but they will have heard all the latest developments from the Exarch by now─or should have, at least.

アリゼー : まだ会えていないサンクレッドとヤ・シュトラにも、
彼らや水晶公を経由して、話がいっているはずよ。

Alisaie: When I think of how frantic Tataru and the others must be, I want nothing more than to rush back and reassure them…

frantic    血迷った、気が狂いそうになって、大急ぎの、大あわての
reassure   rìːəʃˈʊɚ
不安をなくす、新たに自信を持たせる、安心する、…を再保証する

アリゼー : 待たせているタタルたちのことを思うと、
一刻も早く、原初世界に帰ってあげたいけど……

Alisaie: But we still haven’t found a way to reverse the summoning. And even if we had, we couldn’t just ignore Urianger’s vision.

アリゼー : 方法が見つからないのもあるし、
何より、ウリエンジェの未来視を見過ごせないわ。

Alisaie: He may use ten words where one would suffice─and they may often obscure as much as they reveal…

suffice    満足させる、十分である
obscure    ɑbskjˈʊɚ
はっきりしない、ぼんやりした、不明瞭な、あいまいな、解しがたい、人目につかない、へんぴな
reveal    漏らす、明かす、…を明らかにする、暴露する、正体を現わす、本性を示す

アリゼー : ウリエンジェってさ……
言葉は回りくどいし、ひとりで納得してばっかりじゃない。

Alisaie: But on this matter, he was as clear as day.
I do not doubt for one moment that he saw what he claims.

アリゼー : でも、根はどうしようもなく優しいから、
みんなを本当に傷つけるような嘘は、つけないと思うのよ。

Alisaie: Nor how difficult it must have been to speak about them.
The Eighth Umbral Calamity and your death aren’t exactly topics for idle conversation.

idle    άɪdl
仕事のない、働いていない、遊んでいる、試合のない、怠惰な、のらくらしている、使用されていない、暇な、あいている、根拠のない

アリゼー : そんな彼が、第八霊災が起きる……英雄が死ぬ……だなんて。
言い出すまでには、結構悩んだんじゃないかしら?

Alisaie: As much as I might want to go home, I don’t want to go home to that. We can’t allow the Rejoining to happen, which means we have to save the First from the sin eaters.

アリゼー : ……だから、私は信じてる。
今やるべきことは、世界の統合を止めること。
そのために、第一世界を罪喰いから救わなきゃいけないって。

Alisaie: That great wall of white is a remnant of the Flood.

remnant     残り、残余、くず、遺物、面影

アリゼー : ねえ、あの大きな白い壁を見て。
あれが「光の氾濫」の跡よ。

Alisaie: A hundred years ago, the balance in the First tipped decisively in favor of Light.
From that moment, it rose and swelled with each passing day─and then, without warning, it burst forth like water from a broken dam.

tipped     tipの過去形、過去分詞。…に先端をつける
decisively     決定的に、断固として、きっぱりと
swelled     (量などが非常に大きくなる意で)ふくれる、膨張する、大きくなる、…に増加する

アリゼー : 100年前、ここ第一世界では、光の力が異様に高まっていた。
それがある日、限界を超えて……あふれたそうよ。

Alisaie: …A colossal wave of pure Light, drowning everything in its wake. Only Norvrandt was spared.

colossal     巨大な、途方もなく大きい、並はずれた
wake    名詞 (何かが)通った跡,跡、乱気流
spare     免れさせる、あわせない、危害を与えないでおく 、 惜しむ、節約する、労を惜しむ、さく、与える、とっておく

アリゼー : 発生した、超高濃度の光の波は、
ノルヴラント以外の場所……世界の9割を飲み込んだ。

Alisaie: For the most part, living things are composed of aether of various different aspects.

compose     構成する、…の基礎をなす、…を成り立たせる、作曲する、作る、構図する、気を落ち着ける、やわらげる

アリゼー : 普通、あらゆる生物は、
複数の属性から成るエーテルを有しているものだわ。

Alisaie: But when exposed to such a flood, their aetheric harmony is shattered, and their natural form breaks down.

expose    …をさらす、人目にさらす、…を触れさせる、受けさせる、陳列する、暴露する、露出する

アリゼー : けれど、あの波にのまれると、そのバランスが乱れてしまう。
すると、あるべき形を保てなくなるのよ。

Alisaie: Then they either perish…or are warped into mindless abominations.

perish      (突然または非業な形で)死ぬ、枯れる、腐る 、滅びる
warp    wˈɔɚp そらせる、ねじる、ゆがめる、ひがませる
abomination     憎悪、大嫌い、忌まわしいこと

アリゼー : 消滅するか……
理性すらない、異形の怪物になり果てるか。

Alisaie: Yes, that’s how the sin eaters came to be. They were once living creatures─or people─that were caught in the path of the Flood.

アリゼー : そう、罪喰いっていうのはね……
もともと、光の氾濫に飲まれた「誰かさん」だったんだわ。

Alisaie: Once the change is wrought, there is no going back.
In that instant, they are gripped by an insatiable appetite for aether, and will happily gorge themselves on any living thing within reach.

wrought     work の過去形、生じさせる,もたらす。引き起こす、造る、細工する、加工する.
gripped     つかむこと、 把握
insatiable    ìnséɪʃəbl  飽くことを知らない、強欲な、…をむやみに欲しがって
appetite    ˈæpətὰɪt  食欲、欲望、欲求、興味
gorge     …をたらふく食う 〔on〕

アリゼー : 一度そうなってしまったら、もう戻れはしない。
罪喰いはエーテルを食べるから、人は恰好の餌よ。

Alisaie: But even that is not the worst of it. The stronger sin eaters can plant Light in us like seeds in soil, corrupting our aether, and triggering the birth of new monstrosities.

corrupt  動詞:堕落させる、改悪する,変造する
trigger   引き金を引く きっかけとなる,(事件を)起こす
monstrosity   巨大なもの、醜いもの、奇怪、怪異

アリゼー : あるいは、苗床ね……。
力の強いものは、襲った相手のエーテルを乱し、
罪喰いに変えてしまうことができるわ。

Alisaie: They are creatures of base instinct that exist only to feed and to multiply.
They feel no pity, know no remorse, and are utterly deaf to reason.
Which is why they must be destroyed. Every last one of them.

instinct     本能、直観、直感、勘
multiply  mˈʌltəplὰɪ  …を増す、増殖(繁殖)する、掛け算をする.
pity      哀れみ、同情、残念な事、気の毒な事
remorse    良心の呵責、自責(の念)
utterly  ʌṭɚli  まったく、全然、すっかり
deaf      耳の不自由な、…に耳を傾けないで、…が聞こえなくて

アリゼー : つまり、あいつらの目的は、喰うことと増えること。
実にシンプルで……
だからこそ交渉の余地もない、人類の敵だわ。

Alisaie: The infirmary is full of the sin eaters’ victims, left here to spend their final hours waiting for the change to overtake them…

アリゼー : そして、ここ「旅立ちの宿」は、
罪喰いに襲われ、自身もそうなりかけている人たちが、
捨てられてくる場所なのよ。

ボイスカットシーン終了

Alisaie: It’s just a matter of time─more for some, less for others.
Those patients will all become monsters in the end.

アリゼー : テスリーンたちが世話している患者……
彼らは全員、罪喰い化しかけている人よ。
程度に差はあるけれどね。

Alisaie: And to add insult to injury, the afflicted are feared. Shunned.
Cast out of society, and exiled here to the edge of the world…

insult    侮辱、無礼、侮辱行為、無礼なこと、損傷
afflicted   苦しんでいる、悩んでいる、苦しんでいる人々
feared    心配する, 恐れる
Shunned   shunの過去形 …をいつも決まって避ける
cast      投げる ある対象に向けて物を放つことから一定の型に収める配役を行う意へと展開
exile     …から…へ国外に追放する 亡命する.

アリゼー : ああなると、周りには恐れられ、人里には住めない。
それで、こんな世界の「端」に連れてこられるんだわ。


Alisaie: The only good thing I have to say about this hellish place is that it has served me well as a training ground.
Tesleen and the others have also been kind enough to share their knowledge of the sin eaters.

hellish     地獄の(ような)、非道な、まったくひどい、とてもいやな

アリゼー : 本当に地獄のようだけど……
幸い、私が修行するにはちょうどいい場所だったし、
テスリーンたちから、罪喰いについて学ぶこともできた。


Alisaie: Which is knowledge I can now share with you…while you help me finish my patrol, of course.

アリゼー : あなたにも、それを共有するわ。
私たちが今後どうするかを決めるためにも、ね。

クエスト「あの娘の足跡」より
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

終わりに

いかがだったでしょうか?

教科書を解いて勉強するとやはり内容が難しいとかの理由でやる気が出ない事もあります。英語学習はすぐに結果は出るものではありませんので、根気強く続けることが一番のポイントです。

ゲームの中で楽しく学習することで、「英語学習が楽しい」と感じると思います!案外大切な英会話表現がたくさん隠されているのです。

少しずつ、コツコツと頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です