it is time~を使った表現をマスターしよう

オンラインゲームで楽しく英語を勉強してみませんか?

このサイトでは大人気オンラインゲーム・ファイナルファンタジー14のセリフを使った英語学習方法をご紹介しています。

今回はメインストーリー漆黒のヴィランズ5.0、#42『アクトラ・オルワ・イン (英語版タイトル :Acht-la Ormh Inn)』の1シーンを使って頻度を表す副詞について学んでいきましょう。

クエストのストーリーを振り返りたい方は後半にセリフがありますのでご覧ください。

it is time~について

まずは、下記のフェオ=ウルのセリフをみてください。

The way into the castle is opened when it is time to relieve
the reigning monarch of the throne.

城が開かれるのは、妖精王を還すとき。

ここで注目していただきたいのが、it is time to~「~する時間」という表現です。

この場合はit is timeの後ろにto不定詞(動詞の原形)が続いていますが、これ以外にもit is time を使ったフレーズがいくつかあります。

そこで今回は、it is time~ を使った様々な表現をご紹介していきます。

it is time+to 不定詞(動詞の原形)

A
It is time to go to bed. 「寝る時間です。」
B
It is time for you to go home. 「あなたは帰る時間です。」

it is time+to不定詞で「~する時間」「~する時がきた」という意味です。

また、(B)のようにit is time+ for+to不定詞 とすることで、「(人)が~する時間」といった意味になります。

ここで、今回最初にご紹介したセリフを振り返ってみましょう。

The way into the castle is opened when it is time to relieve the reigning monarch of the throne.

これは直訳すると「王位継承者の君主を任せる時に、城内への道が開かれる。」といった意味になります。

この英文のように、it is time + to不定詞が文中に置かれることもよくあります。

it is time+仮定法過去(主語+動詞の過去形)

A
It is time you bought a new car. 「もう新しい車を買っていい頃ですよ。」
B
It is time he came. 「もう彼が来る頃です。」

it is time+仮定法過去で「(人)は~するべき頃だ」といったように潮時を表す表現となります。

でも、何故ここで“仮定法”がでてくるのでしょうか。

この例文の場合、「買ってもいい頃だ」と言うことは、実際にはまだ買っていないということになります。

このように、現実にはありえないことを言っているため、“仮定法”が使われているのです。

しかし、そうは言っても、“仮定法過去”と聞くと難しく感じてしまいますよね。

仮定法過去とは言っても実際は「主語+動詞の過去形」なので、it is time主語動詞の過去形と覚えておいても良いですよ。

続いて、以下の2つの英文を見比べてみましょう。

A
It is time for you to go to bed. 「あなたはそろそろ寝る時間です。」
B
It is time you went to bed. 「あなたは寝るべき時間です。」

同じような英文・意味ですがニュアンスが異なります。

(A)の文はit is time+to不定詞でご説明した通り、「まさにその時間がきた」という意味になります。

一方(B)のit is time+仮定法過去を使った文は、「寝るべき時間だ(だけど寝ていない。やや遅すぎる)」といったような意味になります。このように、it is time+仮定法過去は「~する時間(なのにできていない)」と少し不安や焦りのあるような表現になります。

it is about time+to 不定詞(動詞の原形)/仮定法過去

A
It is about time to go back to work. 「そろそろ仕事に戻る時間です。」
B
It is about time we got married. 「そろそろ結婚しても良い頃です。」

it is about time+to 不定詞(動詞の原形)/仮定法過去は「(人)はそろそろ~する時間」という意味で、何かを促したい時によく使う表現です。

会社の昼休みの終わりがけに雑談などで盛り上がっているとき、それを遮って「さぁ、仕事しよう!」と声をかけるのはためらわれることもありますが、そのような時にこそこの「そろそろ~する時間だよ」という表現が非常に役立ちます。

こちらも先ほどご紹介したように、it is about timeの後ろがto 不定詞の場合は単純に「そろそろ~する時間ですよ」という単なる予定を表す意味になり、仮定法過去の文が続く場合には不安や焦りの気持ちが込められています。

it is high time+to不定詞(動詞の原形)/仮定法過去

A
It is high time to stop driving a car. 「もうとっくに車の運転を止めるべき頃です。」
B
It is high time you went your work. 「あなたはもうとっくに仕事に行く時間ですよ。」

it is high time+to不定詞(動詞の原形)/仮定法過去は「もうとっくに~する頃だ」という意味で、相手に対して義務を伝えるような強い表現です。

こちらも先ほど同様、to 不定詞の場合は単純に予定を表す意味になり、仮定法過去の文が続く場合には不安や焦りに加えて不満な気持ちも込められています。

It is time~のまとめ

it is time~の表現は、後ろに続く文や、間に入れる単語によって意味が異なるので注意が必要です。

しかし、これらを上手く使いこなせるとかなり役立ちますし、こなれた感じもしてかっこいいことは間違いありません。

是非、こちらを参考にit is time~の表現をマスターしてくださいね。

FF14漆黒#42のセリフで英文を読む練習をしよう

FF14漆黒のヴィランズ・メインクエスト#42のセリフを使って英文を読む練習をしましょう。リーディング力を伸ばすことは語彙や表現方法を増やし、文法力、理解力もつくので英会話の基礎づくりにおすすめです。当サイトでぜひ試してみてください。

※ストーリーに関する記事になります。ネタバレを避けたい方は、クリア後にご利用ください。

※日本版のセリフと個人的に調べた英単語は必要に応じた際にチェックできるよう アコーディオンで伏せております。(クリックでご覧になれます)

Seto: Forgive me, it seems my indecision has cost you precious time.

セト : すまないね、私が時間をとらせたから、
何か、差し迫った事態になってしまったようだ。

Seto: But I am convinced now. Convinced that you will triumph.

セト : こちらはもう、大丈夫。
信じて宝を託したのだから……
キミが無事に帰ることも、もちろん信じているよ。

Seto: To the south you will find the bridge to Lyhe Ghiah. As the bearer of the four relics, the gate to the castle will open to you.

セト : さあ、お行き。
ここから南に下ると、城へと続く橋がかかっている。
4つの宝によって、封じられた扉も開くはずだ。

無声ムービー

Feo Ul: The gate has recognized that you bear all four relics. The seal is broken.

フェオ=ウル : 大丈夫、その扉の封印は、もう解かれているわ。
あなたが4つの宝を持ってきたことを、
ちゃんとわかっているみたい。

Feo Ul: The gate has recognized that you bear all four relics. The seal is broken.

フェオ=ウル : 大丈夫、その扉の封印は、もう解かれているわ。
あなたが4つの宝を持ってきたことを、
ちゃんとわかっているみたい。

Feo Ul: All that remains is to enter the castle and confront Titania─a being bereft of reason and mercy.

フェオ=ウル : あとは、覚悟を持って開き、勇気をもって飛び込めばいい。
注意してね……知性を失った妖精王は、
すぐに襲い掛かってくるでしょうから……。

Feo Ul: It is sure to be a ferocious battle. But if anyone can bring an end to our king’s torment, it is you.

フェオ=ウル : ……あなたの力で、それを打ち破って、
私たちの王を、還してあげてほしいのだわ。

Feo Ul: Yet know this, my adorable sapling: though we fae folk may appear to live unfettered lives, there are still laws that bind us.

フェオ=ウル : ねえ、かわいい若木。
妖精の世界は、ヒトの世界ほど、複雑ではないわ。

Feo Ul: To take back as much as is taken. To create as much as is destroyed. To give as much as is received.

フェオ=ウル : 奪った分だけ与え、失くした分だけ作り、
常に同じだけの価値が巡りつづけている……。

Feo Ul: In all things, balance must be preserved…and the same will be asked of you.

フェオ=ウル : 当然、あなたが奪えば、
同じだけ求められることになるでしょう。

Feo Ul: But worry not. Come what may, your beautiful branch will ever be at your side.

フェオ=ウル : けれど、安心して……
あなたには、いつだって、この美しい枝がついているのだわ。

ティターニア戦

Who goes there? Are you the one who broke the seal?

誰カシラ・・・?
私ヲ城カラ・・・出シテクレルノ・・・?

Ah so much time lost・・・. So much frolicking and feasting left undone・・.

早ク遊ビタイ・・・遊ンデ 遊ンデ ・・・タクサン食ベルノ・・・
オナカイッパイマデ・・・ミンナ・・・ミィンナ・・・

We must make up for it, we must・・. Begining by playing with you!

違ウノナラ・・・アナタガ遊ンデ・・・遊ンデヨ・・・!
ズット! ズット! 永遠ニッ!

Titania: Come and play! For the night is bright, and you can sleep when you’re dead!

ティターニア : アソビ、マショ……夜ノ、ナイ朝……
眠リモ、忘レテ、ズット……

Titania: Can you guess which one?

ティターニア : ドッチ、コッチ……ワカル、カナ……?

Titania: Wet, wet, wet!

ティターニア : グルグル、巡ル……水ヨ、オイデ……!

Titania: When you play with fire…

ティターニア : メラメラ、燃エル……オコリンボ……!

Titania: We’re sick of this cramped old castle! Let’s play in the forest!

ティターニア : 狭イ、オ城……モウ、イヤ……!
森ノ、中デ……アソビマショ……!

Titania: Twist and sprout!

ティターニア : ウネウネ、伸ビテ……ドコマデモ……!

Titania: Squish, squash! A crimson flower!

ティターニア : ツブレテ、ペッチャン……赤イ、オ花……!

Titania: Can you guess which one?

ティターニア : ドッチ、コッチ……ワカル、カナ……?

Titania: The more the merrier! Join us, my children!

ティターニア : アノ子モ、コノ子モ……ミンナ、オイデ!
楽シク、激シク、遊ビマショ……!

Titania: Grow, my lovelies! Grow!

ティターニア : アハハハハ……!
モット、モット、木々ヨ、茂レ……!

Titania: Bigger is better!

ティターニア : アノ子モ、コノ子モ……大キク、ナァ~レ!

Titania: Dance like the leaves on the boughs!

ティターニア : 踊レ、踊レ、木ノ葉ト、踊レ……!

Titania: This is so much fun! Let’s play some more!

ティターニア : アハハ、楽シイ……!
モット、モット……アソビ、マショ!

Titania: Wet, wet, wet!

ティターニア : グルグル、巡ル……水ヨ、オイデ……!

Titania: When you play with fire…

ティターニア : メラメラ、燃エル……オコリンボ……!

Titania: Twist and sprout!

ティターニア : ウネウネ、伸ビテ……ドコマデモ……!

Titania: Can you guess which one?

ティターニア : ドッチ、コッチ……ワカル、カナ……?

Titania: Owww, that hurts! You play rough!

ティターニア : グルグル、巡ル……水ヨ、オイデ……!

Titania: Wet, wet, wet!

ティターニア : ナンデ……痛クスル、ノ……?
ドウ、シテ……虐メル、ノ……?

Titania: When you play with fire…

ティターニア : メラメラ、燃エル……オコリンボ……!

ティターニア : ウネウネ、伸ビテ……ドコマデモ……!

音声ムービー

We can play・・・no more・・・

Feo Ul: You have freed our fallen king. Not that I expected any less, my [adorable sapling].

フェオ=ウル : さすがだわ、私の『かわいい若木』。
堕ちた妖精王を還してくれて、ありがとう。

Feo Ul: The dress, the crown, the scepter, the shoes─the time has come for these relics to serve their true purpose.

フェオ=ウル : ああ……。
ドレスに王冠、杖に靴……あなたが集めた4つの宝が、
本当の意味で使われるときが来たのだわ。

Feo Ul: For they are not only the keys to the castle; they are also blessings to be bestowed upon the new king.

フェオ=ウル : これらは、城を開くための鍵。
同時に、王に捧げられる4つの祝福でもあるの。

Feo Ul: The way into the castle is opened when it is time to relieve the reigning monarch of the throne. And the brave soul who does the deed has the honor of taking their place.

フェオ=ウル : 城が開かれるのは、妖精王を還すとき。
そして、還した勇気ある者を新たな王として祝福する。
……それが、この城にかけられた魔法の真実なのだわ。

Feo Ul: However…should you ascend the throne, you will become one of us, never again to live as men do.

フェオ=ウル : でも、妖精王を継げば、私たちと同じ存在になってしまう。
もう二度と、ヒトらしく生きることはできないわ。

Feo Ul: My adorable sapling. My precious mortal.

フェオ=ウル : ねえ若木……私のかわいい、かわいいヒト……。

Feo Ul: We fae folk live forever, but such is not your virtue.

フェオ=ウル : 妖精は永遠を生きる。
でも、それはあなたの美しさではないのだわ。

Feo Ul: To strive for a dream you will never see─to sow seeds that others might one day taste the fruits of your garden─that is the beauty of your kind.

フェオ=ウル : 届かないかもしれない夢へ、手を伸ばすこと。
何かを残そうと、必死に生きること。
それは、愛しい愛しい、ヒトの特権……。

Feo Ul: Burn bright and shine as only you can. These blessings, your lovely branch will accept in your stead.

フェオ=ウル : 私は、もっとそのきらめきを見ていたい。
だから……この祝福は、あなたの枝が引き受けるわ。

Titania: [Rejoice and revel, for the Kingdom of Rainbows is forever young.]

ティターニア : 『謳い、喜べ……虹の国は、常若なり』

Titania: Now, shall we attend to those unwise enough to trespass in our realm?

ティターニア : さあ……。
まずは、あなたの邪魔をする嫌なヒトたちを、
私の国から追い払いましょう?

Alphinaud: Confound it! How did they get here so fast…?

アルフィノ : 結局、ここまで入り込まれてしまったか……。
だが、あと少しは……!

Eulmoran Adjutant: Damn these pixies and their tricks!

ユールモア軍の将校 : ええい、小癪な妖精どもめ……!
次から次へと気味の悪いイタズラを!

Alphinaud: How in the seven hells!?

アルフィノ : しまった……ッ!

Ran’jit: Listen well! We come in pursuit of villains who have fled to this land.

ランジート : 聞け、下劣な妖精どもよ!
この地に、我らの探し人が、逃げ込んだらしい。

Ran’jit: You know who and where they are. Now, show yourselves and answer me…before I lose my patience.

ランジート : 貴様らなら、その居場所を知っているはず。
疾く姿を見せ、問いに答えよ!
さもなくば……。

Ys Iala: Owww! Stop! It hurts, it hurts!

イス=ヤラ : 嫌ッ……いた、痛いぃぃ……ッ!

Alphinaud: Enough! Lift the enchantment!

アルフィノ : ここまでだ、術を解いてくれ……!

Ran’jit: Minfilia. Willful child. How many times must I come to collect you?

ランジート : ミンフィリア……悪い娘だ。
何度、鼠どもに拐われたら気がすむ?

Minfilia: I won’t return to Eulmore! And I won’t let you hurt my friends!

ミンフィリア : わ、私はユールモアには戻りません!
みんなの邪魔も、させない……!

Ran’jit: What is this stance? Where did you learn it!?

ランジート : おぉぉ……なんだその腑抜けた構えは!
誰に習ったッ!

Ran’jit: No Oracle I trained would make such an unseemly show of herself!

ランジート : 我が教えを授けた歴代の巫女は、
誰一人、かような無様を晒さなんだ。

Ran’jit: Know your shame, girl! You are powerless! You have no life nor purpose save that which our master sees fit to permit!

ランジート : 恥を知れ、己は無力とわきまえよ!
貴様が生きるべきは、唯一、我が主の庇護下のみよッ!

Thancred: Who are you to dictate her purpose? To lock her away and deny her a life!?

サンクレッド : あいつが自分の名さえ理解しないころから閉じ込めて、
何もできないようにしたのは、お前らだ。

Thancred: If she was powerless, it’s because of you, you sanctimonious swine. But no longer.

サンクレッド : それが今、戦おうとしてるんだ。
無様だ無力だと、よくも言えたな……クソジジイ。

Ran’jit: Fool. Defiance only begets more suffering. It is through acceptance alone that one may find solace in this godsforsaken world.

ランジート : 逃げてばかりの鼠にはわかるまい。
戦場は地獄、闘争は不毛……
安寧のうちに得る平和こそが、唯一の幸福である。

Alisaie: Look─the sky!

アリゼー : 見て、空が……!

Alphinaud: She’s done it! The Warrior of Darkness has triumphed!

アルフィノ : 勝ったんだ……「闇の戦士」が!

Eulmoran Adjutant: General? What are our orders? What do we do!?

ユールモア軍の将校 : な、なんてこった……!
ランジート将軍、いかがしますか……ッ!

Ran’jit: We do what we came to do. Subdue this rabble, and find the Warrior of Darkness.

ランジート : 愚問よ。
この者らを退け、ただちに「闇の戦士」を探し出す。

Eulmoran Adjutant: Forward, men! Take the villains captive!

ユールモア軍の将校 : ぜ、全軍突撃ッ!
反逆者どもを捕らえよ!

Eulmoran Adjutant: Are you deaf!?

ユールモア軍の将校 : おい、聞こえなかったのか!

Eulmoran Adjutant: I said─!

ユールモア軍の将校 : 突撃だと言って……

Sul Uin: [The king is returned!]

スール=ウィン : 『我らの王が、今戻る』

Ys Iala: [Make ready the feast!]

イス=ヤラ : 『楽しい祝宴を!』

Oul Sigun: [Make ready the feast!]

オール=シグン : 『楽しい祝宴を!』

Eulmoran Soldier: What’s…what’s happening!?

ヒュム族のユールモア兵 : な、なんだよこれ……ッ!

Eulmoran Soldier: Water? That wasn’t there before…

ヒュム族のユールモア兵 : 水たまり……?
どうしてここだけ……。

Marn Ose: [The night is delightful. Dance we shall!]

マーン=オセ : 『夜は愉快、我らは踊る』

Wyd Lad: [The night is delightful. Sing we shall!]

ウィド=ラド : 『夜は愉快、我らは歌う』

Eulmoran Adjutant: What’s the matter with you!? Get a hold of yourselves, damn it!

ユールモア軍の将校 : 何がどうなってる……!?
お前たち、しっかりしろよぉ!

Eulmoran Adjutant: General, they come in greater numbers! We must retreat!

ユールモア軍の将校 : ランジート将軍、まだ何か来ます!
ここは撤退を……早くぅッ!

Ran’jit: All who stand with the Warrior of Darkness shall face justice! My master demands it.

ランジート : 貴様らが、「闇の戦士」に与しているのは明らか。
我が主は必ずや、秩序のため、裁きの鉄槌を下すであろう。

Alisaie: I see… Well, it’s a good thing Feo Ul volunteered to become king in your stead─for all our sakes.

アリゼー : なるほど……。
それで、新たな妖精王が誕生したわけね。

Alphinaud: We are grateful for your timely aid, Feo Ul─or should I say, Your Majesty.

アルフィノ : 妖精たちの力を貸してくれてありがとう、フェオ=ウル。
……いや、新たなティターニア様。

Titania: ‘Twas the first night in recent memory. We all of us but wished to make the most of it.

ティターニア : 久々の闇夜だもの。
みんな、はしゃぎたかったのだわ。

Titania: That’s something you must remember about us fae folk. Though our existence may be eternal, we exist only for the present.

ティターニア : だけど、覚えておいてね。
妖精は、永遠であると同時に、
生死のあわいに生じる泡のようなもの。

Titania: We live in the here and now, paying no mind to futures that may or may not be.

ティターニア : 今を生きることだけを愉しみ、
いつかの終わりのことなんて、考えないし憂いもしない。

Titania: To wit, we are not driven as men are. We cannot fight for such causes as men do.

ティターニア : だから、ヒトと心を同じにして、
未来のために戦うなんてことは、できっこないのだわ。

Minfilia: Does that mean you won’t aid us against the sin eaters?

ミンフィリア : それは……
罪喰いとの戦いに協力はできない、ということですか……?

Titania: Not unless the mood takes us. But if it was to repay a debt? Well then, that’s another matter.

ティターニア : よっぽど気が向かないかぎりはね。
……でも、恩返しをするとなれば、話は別よ?

Titania: To take back as much as is taken. To create as much as is destroyed. To give as much as is received. Such is the way of Il Mheg.

ティターニア : 奪った分だけ与え、失くした分だけ作り、
もらった分だけ返すのが、不変の『虹の国』。

Titania: By this law, we shall lend you our strength─in return for the beautiful sky you have restored to us. In times of need, do not hesitate to call.

ティターニア : だから、この美しい空の分だけ、あなたたちに力を貸すわ。
本当に困ったときには、必ず呼んでね。

①I’ll be sad to lose you.
②What about our pact?

同じ回答

Titania: Silly sapling, I shall remain at your side!

ティターニア : あら、私はいつでもあなたのそばにいるのだわ!

Titania: Even should my body be in the castle, ‘tis a simple thing to have a little part of me accompany you.

ティターニア : この身は常若の城にあっても、
小さな分身を若木のそばに飛ばすなんて、造作もないもの。

Titania: Treat them as you would your [beautiful branch].

ティターニア : そのときはまた、あなたの『美しい枝』、
フェオ=ウルとして、かわいがってね?

Minfilia: I’m going to train harder. Having seen what you’ve achieved, it’s the least I can do.

ミンフィリア : 私も、もっともっと、強くならなきゃ……。
ユールモア軍に負けないように……
次は、一緒に戦えるように……!

Thancred: Well done, my friend. You put me to shame, laying low a Lightwarden while I struggle to land a blow on a man old enough to be my great-grandsire.

サンクレッド : ひとまず、おつかれさまだ。
一件落着ってところだが……俺はまた課題を突き付けられたよ。
あのジジイと再戦するまでに、秘策の10や20、ほしいところだ。

Alisaie: It seems I was wrong about your friend. Had Feo Ul not stepped in, you’d be frolicking with the faeries by now.

アリゼー : フェオのこと……正直、見直したわ。
いくら大罪喰いを倒しても、あなたが妖精になっちゃったら、
みんなで途方に暮れていたもの!

Alphinaud: It was pure luck that we managed to hold the Eulmorans at bay long enough for you to succeed─but we have earned some good fortune. And while it is plain we’ve not seen the last of General Ran’jit, I for one am glad to delay our reckoning with him awhile longer.

アルフィノ : ユールモア軍の足止めが、
ギリギリ間に合ったようでよかったよ。
ランジート将軍、いつかは彼と戦うことになるのだろうか……。

Urianger: Ne’er for a moment did I doubt that thou wouldst triumph over thy foe─yet the majesty of thine achievement delighteth me nonetheless!

ウリエンジェ : 〇〇さん……。
此度は、大罪喰いの討伐、本当におつかれさまでした。

Urianger: Night hath returned to Il Mheg, and we stand one step closer to delivering the First from its doom, and averting the Eighth Umbral Calamity.

ウリエンジェ : 新たにイル・メグ周辺に夜の闇を取り戻せたことは、
第一世界の救済、ひいては第八霊災の阻止に向けての、
大きな進展と言えましょう。

Urianger: ‘Tis but a pity thou wert not present to see the fae folk put the Eulmorans to flight. ‘Twas a sight to raise the spirits, I do assure thee!

ウリエンジェ : 加えて、常には人と沿わずとも、
新たなるティターニアを筆頭に、妖精たちとの絆を得た。
これもまた、いずれ私たちの力となるかもしれません……。

Urianger: Ah, but what valuable allies they might prove…were the mood only to take them.

ウリエンジェ : 私個人としても、白聖石を造る傍らで得た妖精の知識が、
多少なりあなたの役に立てたのであれば、恐悦至極……。
まさに、我々の大勝利……ですね。

Urianger: Though the battle is over, the war is far from won. Let us fix our gaze upon the road ahead.

ウリエンジェ : イル・メグでの戦いは終われど、真なる終結はまだ先に……。
無論、私も引き続き、同行させていただきます。

クエスト「アクトラ・オルワ・イン」より
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

終わりに

いかがだったでしょうか?

参考書や教科書で勉強することは時には眠くなることがあります。英語学習はすぐに結果が出ないため、長期戦です。楽しく続けることが一番であり、オンラインゲームが最適です。

外国人のユーザーもたくさんいるため、フレンドになれれば無料で英会話することも可能です。実際に私自身も北米の方と通話アプリで実際に声を交わしながらプレイしたこともありました。

ゲームの中で遊びながら楽しく学習することで、英語学習も楽しいものにすることが可能ですのでぜひチャレンジしてみてくださいね。