現在完了形(継続)の意味や疑問文の作り方をマスターしよう

オンラインゲームで楽しく英語を勉強してみませんか?

このサイトでは大人気オンラインゲーム・ファイナルファンタジー14のセリフを使った英語学習方法をご紹介しています。

今回はメインストーリー漆黒のヴィランズ5.0、#22「大罪喰い」の1シーンを使って英語を学んでいきましょう。

クエストのストーリーを振り返りたい方は後半にセリフがありますのでご覧ください。

現在完了形(継続)のセリフ場面

まずは、水晶公のこちらのセリフをみてください。

How many years have I waited for this moment…

彼方の英雄よ。私は、長い長い年月、待ち続けていた。

このセリフは疑問文のようになっていますが、文法としては現在完了形が使われた文です。

現在完了形には様々な用法がありますが、ここではその中の継続用法というものが使われています。

今回はその現在完了形の継続用法について解説していきます。

現在完了形(継続)「ずっと~だ」

現在完了形とは、have(has)+過去分詞で表されるものです。

これを使うことで、「過去から現在までその状態が続いている」ことを表すことができます。

現在完了形のイメージをしっかりと掴んでいただくために、少し異なる3つの英文を用意しました。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

(A) I live in Osaka.

(A)現在形「私は大阪に住んでいます。」

現在住んでいる場所を言っています。過去には大阪以外の場所に住んでいたのかもしれません。

(B) I lived in Osaka.

(B)過去形「私は大阪に住んでいました。」

過去に住んでいた場所を言っています。おそらく、現在は他の場所に住んでいるのでしょう。

(C) I have lived in Osaka.

(C)現在完了形「私はずっと大阪に住んでいます。」

過去から現在に至るまで大阪に住んでいることが分かります。

このように「過去」「現在」の1点だけでなく、過去から現在に継続されていることを伝えたいときに現在完了形が使われます。

ただ、(C)のような場合は、「ずっと」というのがどれくらいの期間なのかも伝えたほうが分かり易いですよね。

この期間を伝えるのによく使われるのが、for「~の間」やsince「~から」という表現です。

I have lived in Osaka for ten years. 

「私は10年間大阪に住んでいます。」

I have lived in Osaka since 2010. 

「私は2010年から大阪に住んでいます。

現在完了形(継続)の疑問文

「ずっと~していますか?」と聞きたいときにはHave(Has)を主語の前に出します。

Have you been in Japan? 

「あなたはずっと日本にいるのですか?」

この質問に答えるときは、以下のようになります。

  • 「はい」の場合
    Yes, I have.
  • 「いいえ」の場合
    No, I have not(haven’t).

また、その状態の継続期間を尋ねたいときにはHow long~「どの位の間」という表現を使います。

How long have you known each other?

「君たちは知り合ってどの位経つの?」

答えるときには、For five years.「5年です。」、Since 2015.「2015年から(の知り合い)です。」などがあります。

また、今回、最初に紹介したセリフではHow many years~「何年間」なのかとより詳しく尋ねています。

ご紹介したセリフの訳はローカライズされていますが、この英文だけを単純に訳すと…

” How many years have I waited for this moment…”

「私はこの時を待って何年間ほど経つのだろうか…」
→「この時をどれほど待ち望んでいたことか…」

といったような意味になります。

日常生活でも使える表現ですので、このセリフ丸ごと覚えておいてくださいね。

現在完了形と現在完了進行形の比較

現在完了形の継続用法は、have+過去分詞で「ずっと~だ」という意味です。

そして、現在完了進行形では、have+been+~ingで「ずっと~している」という意味になります。

この2つはかなり似ていますが、ちょっとした違いがあるのです。

現在完了形

I have belonged to the baseball club for five years.

「私はその野球クラブに所属して5年になる。」

現在完了形の継続用法では、「状態」が継続することを表すためbelong to(~に所属する)という状態動詞が使われています。

※状態動詞とは、be, feel, have, want, thinkなどの感情・感覚・所有などを表す動詞のことです。

現在完了進行形

I have been reading this book since this morning.

「私はこの本を今朝から読み続けている。」

一方、現在完了進行形では、「動作」が継続することを表すためread(読む)という動作動詞が使われています。

※動作動詞とは、play, drive, talk, studyなど動作を表す動詞のことです。

ただし、workliveなどのような日常的なものに関しては、現在完了形・現在完了進行形のどちらも使われます。

(A)I have worked here for two years.

(B)I have been working here for two years.

(A)(B)ともに「私は2年間ここに勤めている。」という意味です。

厳密に言えば、(A)は” 2年間”という「期間(状態)」、(B)は”ずっと働いている”という「行為」を強調していますが、普段の会話ではそこまで気にしなくても問題ありません。

ただ、このことを知っておくと会話により感情を乗せることが出来ますし、相手の言っていることや物語などもより楽しめるかと思いますので、頭の片隅に入れておいてください。

現在完了形(継続)まとめ

現在完了形について深く考えだすと混乱してしまいそうになりますが、とにかく大事なのはhave+過去分詞などのルールに慣れることです。

「ずっと~だ。」といったような会話は日常でもよく出てきますので、文法について考えすぎたり失敗を恐れたりせず、どんどん使って自分のものにしていきましょう。

FF14漆黒#22のセリフで英文を読む練習をしよう

漆黒のヴィランズ、メインクエスト#22「大罪喰い(英語版タイトル:The Lightwardens) のセリフを使って英文を読む練習はしてみませんか?

リーディング力を伸ばすことは語彙や表現方法を増やし、文法力、理解力もつくので英会話の基礎づくりにおすすめです。当サイトでぜひ試してみてください。

※日本版のセリフと個人的に調べた英単語は必要に応じた際にチェックできるよう アコーディオンで伏せております。(クリックでご覧になれます)

※ストーリーに関する記事になります。ネタバレを避けたい方は、記事をストーリークリア後にお読みください。
※日本版は記載された英文の和訳ではありません。ローカライズされているため、参考としてご覧ください。

#22「The Lightwardens」のセリフ

音声カットシーン

Crystal Exarch: And so you return.

水晶公 : 3人とも、よくぞ戻ってきてくれた。


Crystal Exarch: Have you gained a better understanding of the crisis now faced by the First?

水晶公 : 第一世界をとりまく状況について、
改めて、わかってもらえただろうか?

Alisaie: “Better“ is not the word I would use.

アリゼー : ええ、目の当たりにしてきたわ……。

Alisaie: Some lands may have been spared the Flood, but the survivors live only to suffer. There seems no end to the horrors inflicted by the sin eaters.

アリゼー : 「光の氾濫」から逃れたのは、わずかな地。
そこに生きる人々は、罪喰いの脅威にさらされ続けている。


Crystal Exarch: Indeed. Those abominations are a calamity in their own right. And I can well imagine how hopeless the task of eradicating them must seem to you.

水晶公 : ああ……。
あれらを退けるのは、途方もない話にも聞こえるだろう。


Crystal Exarch: But after countless battles and untold sacrifice, we have identified a potential weakness.

水晶公 : だが、人は多くの犠牲を払った結果、
ひとつの可能性を見出すに至った。

Crystal Exarch: Sin eaters are drawn to serve the strongest of their kind─a class of creature we call “Lightwardens.” And from what we have been able to ascertain, only a handful of these entities exist.

水晶公 : 罪喰いたちの集団を束ねる、上位の個体……
「大罪喰い」の数は、限られているとわかったのだ。

Crystal Exarch: Just as an ant colony will perish in the absence of its queen, we believe that the death of a Lightwarden will cause the lesser creatures within its sphere of influence to disperse.

水晶公 : 蟻が女王なくして巣を作り得ないように、
「大罪喰い」さえ倒してしまえば、
有象無象のものは、一帯での活動を諦めるだろう。

Alphinaud: I have a feeling Eulmore might have something to say about any concerted action we take against these monsters.

アルフィノ : ……しかし、罪喰いの討伐を、ユールモアが許すだろうか?


Alphinaud: Vauthry’s command over the sin eaters is integral to Eulmoran society. In seeming to guarantee his people’s safety, it guarantees their obedience.

アルフィノ : ドン・ヴァウスリーは、
罪喰いを操れることを最大の武器にして、
統治体制を築いている。


Alphinaud: He will not take kindly to us depriving him of such useful allies.

アルフィノ : そこに、罪喰いを倒して回るものが現れれば……
最悪、敵対もしてくるだろう。

Crystal Exarch: Agreed. Thus we will need to occupy or otherwise divert his forces whilst we proceed with the business of eliminating the Wardens.

アルフィノ : そこに、罪喰いを倒して回るものが現れれば……
最悪、敵対もしてくるだろう。


Crystal Exarch: Until we have done so, all other considerations must be set aside if we are to forestall the Eighth Umbral Calamity.

水晶公 : それが私の……
そして、第八霊災を防がんとするあなた方の、
現在の目的ということになる。


選択肢

①Are you sure that eliminating the Wardens will be enough?
②I’m not sure I follow・・

①それで本当に霊災が防げるのか?
②いまいちピンとこない・・・

①を選択

Crystal Exarch: Your uncertainty is understandable, given the circumstances. Perhaps a more detailed explanation is in order. To begin at the beginning, then…

水晶公 : ふむ……。
それでは少しだけ時間を拝借して、
世界の統合や霊災とはいかなるものか、説明するとしよう。


Crystal Exarch: In the ancient past, a single star was divided into fourteen worlds.

水晶公 : 太古の昔……
たったひとつだった世界は、14の世界に分かたれた。


Crystal Exarch: This is the Source─your home. These others are the thirteen shards, in whose number we find the First.

水晶公 : あなた方のいた「原初世界」。
そして、第一世界を含む、13の「鏡像世界」だ。


Crystal Exarch: Though physically separate, they retain a connection to each other, and with the Source especially.

水晶公 : これらの世界は隔たれているものの、互いに干渉しあっている。
とくに、おおもとである原初世界とはね。


Crystal Exarch: Now, let us assume that a given element in one of the shards attains abnormal ascendancy.

水晶公 : ……ここで、ある鏡像世界にて、
特定の属性の力が、異様に高まったとしよう。


Crystal Exarch: Just as water will flow from the highest point to the lowest, the excess energy will begin trickling into the Source…

水晶公 : すると、水が高いところから低いところに流れるように、
高まった属性の力が、原初世界に流れ込みはじめる。

Crystal Exarch: And such an influx of aether will of course exert a palpable influence.

水晶公 : 当然、原初世界にも、影響がでるだろう。


Crystal Exarch: If the element in question were fire, then drought and wild fires might ensue. If it were ice, one might expect the weather to turn bitterly cold.

水晶公 : それが火属性ならば、大火や日照りに。
氷属性なら、過酷な寒波に……という具合だ。


Crystal Exarch: As aether continues to pour in, such phenomena will become more and more extreme, until eventually, a single untimely event triggers a disaster which “cracks” the barrier dividing the two worlds.

水晶公 : 異常はどんどん起きやすくなり、
何かのきっかけで、大規模な災害が発生……
世界を隔てる壁に、割れ目が生じたとしたら?


Crystal Exarch: What was once a trickle now becomes a deluge, sweeping the shard along to be rejoined with the Source.

水晶公 : 原初世界に向けた、力の奔流が発生。
その勢いで、世界は統合される。


Crystal Exarch: At the same time, the element which held sway in the shard is unleashed in full, its energies amplifying the original disaster to truly catastrophic proportions.

水晶公 : 同時に、鏡像世界が有していた偏った属性がすべて流れ込み、
きっかけとなった災害を、一気に助長する。

Crystal Exarch: An earthquake thus magnified might strike with enough force to shatter continents; a tidal wave might swell to a size capable of drowning entire nations.

水晶公 : 地震に土属性の力が加われば、それは地殻さえも砕くだろう。
津波に水属性ならば、大陸すら飲み込む規模になる。


Crystal Exarch: These devastating events are what we refer to as “Umbral Calamities.”

水晶公 : それが「霊災」と呼ばれているものの正体だ。


Crystal Exarch: Seven times has a calamity befallen the Source; seven times has a shard been absorbed.

水晶公 : これまでに、7つの霊災を伴いながら、
7つの鏡像世界が統合されてきた……。

Crystal Exarch: At present, the Light-drowned realm of the First stands perilously close to meeting the conditions for a Rejoining.

水晶公 : 今、光に偏っている第一世界もまた、
統合の条件を満たす可能性が、かぎりなく高いと言えるだろう。


Crystal Exarch: It is the sin eaters who are to blame for the Light’s continued dominance.

水晶公 : そして、光に偏る一因を担っているのが、やはり罪喰いだ。


Crystal Exarch: In addition to attracting their lesser kin, the Lightwardens I mentioned earlier radiate aether, saturating every corner of their territory with Light.

水晶公 : さきほど話した「大罪喰い」は、
自らのテリトリーに強い光を振りまく。


Crystal Exarch: Even here in the Flood-spared region of Norvrandt, their influence is strong enough to banish night from the sky.

水晶公 : 「光の氾濫」自体を回避したはずのノルヴラントが、
夜を失うほど光で満たされているのも、それが原因だ。


Crystal Exarch: Thus, if we are to restore balance to the First and head off a potential calamity, it is imperative that we put each and every Lightwarden to the sword.

水晶公 : したがって、「大罪喰い」の討伐は、
第一世界の属性バランスを正常に戻し、統合を防ぐためにも、
必要不可欠なんだ。


Alisaie: We’ve been doing our best to take the fight to the enemy ever since we first heard the Exarch’s explanation.

アリゼー : 私たちは、この話を前に聞いてね。
それぞれのやり方で、準備を進めていたんだけど……。


Alphinaud: Though we have yet to claim any meaningful victories, if truth be told.

アルフィノ : 具体的な成果は、まだ。


Alphinaud: Apart from being confoundingly elusive, the Lightwardens possess a troublesome quality which compelled us to delay our plans until such time as you arrived.

アルフィノ : 「大罪喰い」は、なかなか姿を現さないというのもあるが、
殊にある特性によって、君の到来を待つしかなかったんだ。


Lyna: Forgive the interruption, my lord, but Holminster Switch is requesting reinforcements!

ライナ : お話し中、失礼いたします!
水晶公、緊急事態発生です……!


Lyna: They say the sin eaters are attacking in force, and the village could soon be overrun.

ライナ : ホルミンスターの地が、罪喰いに襲撃されているとの報告あり。
敵はかなりの数らしく、村が全滅する恐れもあると……!


Crystal Exarch: Alert the guard. We should be prepared in case the fighting reaches the Crystarium.

水晶公 : ホルミンスターを襲った罪喰いが、
クリスタリウムに流れてくる可能性もある。
各門、警戒態勢をとるように命じてくれ。


Crystal Exarch: You have command of our forces in the field, Captain, but hold off on entering the town until I arrive. That goes for Alphinaud and Alisaie as well.

水晶公 : お前自身は、現場の指示を頼む。
ただし、突入は私が行ってからだと、
アルフィノとアリゼーにも伝えてくれ。

Lyna: My lord!

ライナ : ハッ!

Crystal Exarch: Pray, lend us your strength. Such a fight will provide you with far greater insight than any explanation I could offer.

水晶公 : どうか、あなたの力も貸してほしい。
話の続きは、あるいはこの戦いで、自ずと知れよう。

音声カットシーン終わり

Crystal Exarch: Holminster Switch is in the north of Lakeland, so we had best make haste with our preparations.

水晶公 : では、私たちも、早急に戦闘の準備を整えて出立しよう。
襲われている「ホルミンスター」の村は、
レイクランドの北方にある。


Crystal Exarch: In fact, meet me outside the Crystarium at the crossroads northwest of the Accensor Gate, and I shall lead you there myself.

水晶公 : 詳しい場所は、直接案内しよう。
クリスタリウムを出たら、まず西へと直進してほしい。
「従者の門」の先に分岐路があるから、そこで合流しよう。

クリスタリウムを出て従者の門へ

Crystal Exarch: All set? If we follow this road north, we will arrive at the Northern Staging Point.

水晶公 : よく来てくれた。
この街道に沿って北上すると、
「北の集結地」という衛兵団の拠点があるのだ。

Crystal Exarch: The village itself lies not far beyond. Quickly, now!

水晶公 : 目的の「ホルミンスター」には、そこから向かうことになる。
さあ、急ごう……!

Lyna: Your assistance is appreciated.
ライナ : ご協力に感謝します……!

Alisaie: You’re here! We are heading in together, yes?
アリゼー : 来たわね!
私たちも、乗り込みましょう!

Alphinaud: The Exarch asked that we wait, and so we waited…
アルフィノ : ひとまず、言われたとおり突入せずに待っていたが……。

音声カットシーン

Crystal Exarch: Holminster Switch is past these gates and through the woods. ‘Tis not exactly a near neighbor to the Crystarium, but as we occupy the same region, we have built up something of a cooperative relationship.

水晶公 : この先に広がる森を抜けると、「ホルミンスター」だ。
クリスタリウムから少し距離はあるが、
同じ地域にある集落として、協力関係を結んでいる。


Crystal Exarch: What can we expect inside, Captain?

水晶公 : 状況はどうなっている?


Lyna: The town is beset by a swarm unlike any we have seen in recent years. We did our best to evacuate the villagers, but as many as half remain…

swarm   swˈɔɚm
群れ、うじゃうじゃした群れ、大群、群衆、大勢、たくさん

evacuate  ɪvˈækjuèɪt
引きあげる、撤退させる、撤退する、立ち退く、(…へ)立ち退かせる、避難させる、空にする

ライナ : 近年まれに見る規模の襲撃です。
衛兵団を可能なかぎり投入していますが、
救出できた村人は、半数にも至っていません……。


Lyna: Judging by the number of eaters present, we have good reason to believe that a Lightwarden leads the attack.

ライナ : あれだけの数の罪喰いを従えているとなると、
中心にいるのは、「大罪喰い」の1体と見て間違いないかと。


Alisaie: How convenient. It seems we’ll have our chance to slay a Warden sooner than we expected.

アリゼー : 噂をすれば、ね……。
討伐するチャンスでもあるってことだけど。


Lyna: One does not simply “slay a Warden.” Has no one told you what happens if you defeat one of those fiends?

ライナ : 討伐? とんでもない!
「大罪喰い」を倒すとどうなるか、ご存じないのですか?


Lyna: They hold more Light inside them than all of their underlings put together.

underling
下役、手下

put together
まとめる、寄せ集める、合計する、考え合わせる、…を組み立てる、構成する、…を一緒にする、結合する

ライナ : 連中は、ほかの罪喰いと比較にならないほど、
膨大な光の力を有しています。


Lyna: It can be struck down, aye, but its essence won’t dissipate like the weaker kind.
Vile aether will billow outwards and envelop the nearest living being─a reckless young swordswoman, perhaps─and turn her into a brand-new Warden.

strike down
襲う、苦しめる、悩ます、〈…を〉殴り倒す,打ち倒す

dissipate
散らす、消す、晴らす、浪費する、放散する

Vile
下劣な、恥ずべき、卑劣な、汚い、下品な、ひどい、いやな、不愉快な

billow  bíloʊ
(大波のように)大きくうねる,渦巻く. ふくらませる

outward   άʊtwɚd
外へ、外側に、外へ向かって、海外へ、国外へ

envelop
(…を)包む、おおう、(…を)(…に)包む、(…を)おおい隠す

reckless
向こう見ずな、無謀な、無謀で、意に介さないで

ライナ : 倒せば、それが一気に解き放たれ……
近くにいる別の生物を、新たなる「大罪喰い」にするのです。

Crystal Exarch: Ah, well you can leave that particular quandary to us.
I must ask that the guard stand down and allow us to engage this leader of eaters alone.

quandary
困惑、板ばさみ(の境地)、難局

stand down
身をひく、辞退する、(法廷の)証人席から退く、非番になる

水晶公 : それについては、考えがある。
「大罪喰い」の相手は、私たちに任せてほしい。


Crystal Exarch: Concentrate on the survivors─we must save every life we can.

水晶公 : 衛兵団は、引き続き生存者の救出を。
ひとりでも多く、助けるんだ。


Lyna: But what if─!?

ライナ : で、ですが……!


Lyna: …Understood, my lord. As captain of the guard, however, I will not watch you brave such danger without an escort from our ranks. I insist that I go with you.

ライナ : ……いえ、了解しました。
ただし、私も公たちに同行させてください。
衛兵団の長として、皆さんだけを行かせるわけにはいきません。

Crystal Exarch: Very well. Then our Warden-slaying party shall include myself, the Leveilleurs, Captain Lyna, and last but not least…

not least
少なからず、特に

水晶公 : わかった。
それでは、大罪喰いのところへ向かうのは、
私、アルフィノ、アリゼー、ライナ、そして……


Crystal Exarch: A formidable group indeed.
Into Holminster we go! Once we reach the Lightwarden, do not hold back─we strike to kill!

formidable   fˈɔɚmɪdəbl
恐るべき、手に負えそうもない、手ごわい、膨大な、非常にすぐれた、格別の

hold back
(…を)抑止する、引き止める、控える、(…を)押さえておく、隠しておく、秘密にしておく、抑える

水晶公 : 頼もしいよ。
……では、「ホルミンスター」に突入だ!
大罪喰いを発見したら、躊躇することはない、倒してくれ!

Crystal Exarch: Command of this sortie is yours. Though I am not as spry as I once was, I hope my long years of experience will serve you in some capacity.

sortie   sˈɔɚṭi
(よく知らない場所などへの)短い旅行、(包囲された陣地からの)突撃、出撃、(軍用機の)出撃

spry
活発な、元気な、すばしこい

水晶公 : 戦いでは、あなたに指示を委ねよう。
それなりに長生きしてきた結果、
器用貧乏ではあるが、ひととおりの役割はこなせる。

Crystal Exarch: I can wield spells to heal or harm, or even fashion an arcane shield and sword should we have need of a defensive wall.
Simply say the word.

wield   wíːld
ふるう、振り回す、用いる、使う、掌握する

arcane
秘密の、奥義の、不可解な、難解な

水晶公 : 魔法を使った治癒や攻撃はもちろん、
魔力を剣と盾に変えて、守備に重点を置くようなこともね。

Lyna: Destroy a Lightwarden for good…? Hmph. If it is possible now, then why not before?
Whatever the Exarch believes, I will force a retreat if I deem it necessary.

retreat   rɪtríːt
退却、後退、退却の合図、静養先、隠れ家、避難所、潜伏場所、(老人・精神障害者などの)収容所、黙想(期間)

deem   díːm
…を…だと思う.

ライナ : 大罪喰いへの対策なんて、本当にあるのでしょうか……。
公が嘘をついているとは思いませんが、
何かあれば、私が容赦なく皆さんを離脱させます。

Lyna: I did not become captain of the guard by being meek. Or weak.

meek
(腹を立てず)じっと我慢する、おとなしい、素直な、屈従的な、いくじのない

ライナ : これでも、衛兵団の団長ですので。
この武器も武踏も、見た目ほど軽くはありませんよ。

Alisaie: I can’t help but wonder if the scale of this raid is related to the “recruiting” the eaters were doing in Amh Araeng.

アリゼー : 大罪喰いの大規模な狩りがはじまったことと、
罪喰いが仲間を増やすためにアム・アレーンまで来たこと……
もしかしたら、無関係じゃないのかも。

Alisaie: Not that it matters. After all the combat I saw there, I’m more than ready to test my magicks against one of these greater abominations!

abomination
憎悪、大嫌い、忌まわしいこと、大嫌いなもの

アリゼー : なんにせよ、ついに親玉と戦えるなら、
これまで磨いてきた赤魔法を、お見舞いしてやるわ!

Alphinaud: As you may have deduced, the “troublesome quality” of the Wardens which I endeavored to raise earlier was this confounded capacity for spontaneous rebirth…

deduce
推論する、推測する

アルフィノ : 大罪喰いを倒しても、新たな大罪喰いが生まれてしまう。
それこそが、さきほど星見の間で話そうとしていた問題だ。

Alphinaud: …But the Exarch seems confident he has matters in hand, so I shall trust that we may slay our foe without fear of the aetheric aftermath. My restorative spells are at your disposal.

foe   fˈəʊ

aftermath  ˈæftɚm`æθ
(戦争・災害などのあとの)状態、余波、直後の時期

restorative   rɪstˈɔːrəṭɪv
元気を回復させる

disposal   dɪspóʊzl
(財産・問題などの)処分、処置、(廃物などの)処理、処分の自由、思いどおりにできる権利、配置、配列

アルフィノ : 水晶公がどれほど綿密に対策を立てたにせよ、
危険はあるだろうが……信じて私は行くよ。
治癒や補助なら任せてくれ!

インスタントダンジョン ホルミンスター

Alisaie: Oh gods, that sin eater…
It can’t be…

アリゼー : あの罪喰い…
まさか…!?

Crystal Exarch: They swell their ranks with wild beasts…

水晶公 : 野生生物を襲い
群れを増やすとは…

Lyna: I fear for the village. Let us make short work of these!

ライナ : 村が心配です…
蹴散らしましょう!

Alisaie: I knew it!
That’s the eater from Amh Araeng!

アリゼー : あの個体…
アム・アレーンでも…!(水晶公、レイナ組)

アリゼー : あいつ…
アム・アレーンで見たヤツだ!(水晶公、アルフィノ組)

Crystal Exarch: The fiend is slain.
Let us press on, shall we?

水晶公 : 脅威は排除した
先に進むとしよう…

Lyna: Survivors!
We must buy them time to flee!

ライナ : 生きていてくれた!
脱出を支援しましょう!

Crystal Exarch: Go! Take refuge in the Crystarium!

水晶公 : 生存者はこのまま
クリスタリウムへ!

水晶公 : これほどの犠牲とは…
みな、戦闘準備を!

Alisaie: Have the gods no mercy…?

アリゼー : 酷い…
なんでこんな…!

Alisaie: I wondered where you went…

アリゼー : そう、ここにいたのね…
なら、私が…あなたを…!

Tesleen, the Forgiven: Ah…ah…ah… Graaargh!

フォーギヴン・テスリーン : ア、ア、ア……アガガガガガ…………!

アリゼー : 問題ないわ…
先を急ぎましょう…!

Alisaie: Tesleen…
Be at peace.

アリゼー : …………
さよなら…テスリーン…

アリゼー : ッ…!?
そう…あなたもここに…

Alisaie: We were too slow to save them!

アリゼー : また救えなかった…
またッ!

アリゼー : 村人たちが
逃げてくるわ!

Lyna: We free their souls.
That is all we can do…

ライナ : ああなっては倒して
魂を解放することしか…!

水晶公 : 悪夢のような光景だ…

Crystal Exarch: We are close…
Be on your guard!

水晶公 : 嫌な気配だ…
みな、警戒を!

Crystal Exarch: …We stand in the presence of a Lightwarden.

水晶公 : 間違いない…
あれは大罪喰いだ!

Lyna: Aye, this is the true scourge of Lakeland!

ライナ : レイクランドを脅かす
罪喰いの主ッ!!

Philia: Grrraaarrrgh!!!

フィリア : オオォォォォォォン!!!

アルフィノ : 野生の熊が
罪喰いに!?

アルフィノ : アリゼー、落ち着くんだ!
私が支援する!

アルフィノ : みんな、大丈夫か?

アルフィノ : また罪喰いか…!

アルフィノ : アリゼー、どうしたんだい?
顔色が悪いようだが…

フォーギヴン・テスリーン : ア、ア、ア……アガガガガガ…………!

戦闘終了後

アリゼー:どうか安らかに・・

アルフィノ:アリゼー・・・?

レイナ:大罪喰いを討伐してしまうなんて・・・

水晶公;さすがの手並みだった。見事だったよ。

音声カットシーン

Lyna: It’s releasing its aether. Fall back!

fall back
後退、退却、撤退、(いざという時の)頼みの綱、予備品、代替物

ライナ : まずい、大罪喰いから光の放出がはじまりました……!


Lyna: We cannot let it touch us. Quickly, my lord, we must withdraw!

ライナ : あれを浴びるわけにはいきません。
水晶公、やはり撤退を……!


Crystal Exarch: That will not be necessary, Captain.

水晶公 : いいや、撤退は不要だ。

Crystal Exarch: …Though I appreciate your concern. The eternal Light of these creatures has confounded us for nigh on a hundred years.
For each we have put down, another has risen up in its place, born of the selfsame aether relinquished by its predecessor.

appreciate  əpríːʃièɪt
よさがわかる、真価を認める、(…を)高く評価する、鑑賞する、おもしろく味わう、(的確に)認識する、察知する、識別する、認識する、わかる

confound  kənfάʊnd
困惑させる、ろうばいさせる、まごつかせる、(…を)のろう、区別ができない、混同する、ごっちゃにして間違える

nigh   nάɪ
近い

put down
(…を)下に置く、(…で)降ろす、着陸させる、蓄えておく、(…を)抑える、静める、やりこめる、黙らせる、下げる、(…を)書く

relinquish rɪlíŋkwɪʃ
やめる、廃する、放棄する、譲渡する、棄権する、(…に)譲渡する、(…の)手を緩める、手放す

predecessor  prédəsèsɚ
前任者、先輩、前にあったもの、前のもの

水晶公 : 確かに、大罪喰いを殺せば、有していた膨大な光が放出される。
その光は新たな大罪喰いを生み出し……
人類はこの100年、まともに反撃すらできなかった。

Crystal Exarch: But now we have a way to contain that corruption.

contain  kənˈteɪn
…を内に含む、包含する、入る、…に等しい、抑える、辛抱する、我慢する、自制する、阻止する、食い止める

水晶公 : しかし……
唯一、それを相殺できる力がある。


Crystal Exarch: The blessing of Light!
And the hero who wields it now stands before you!

wield   wíːld
ふるう、振り回す、用いる、使う、掌握する

水晶公 : それこそが、「光の加護」と呼ばれし力。
ゆえに私は、彼女をここへと喚んだのだ……!


Crystal Exarch: Behold! The monster’s power is broken!
And the world twisted by its touch returns to its rightful form!

behold   bəhóʊld
見る

twist  twíst
よる、より合わせる、…を巻きつける、からませる、…をねじる、曲げる、ねじってはずす

水晶公 : 見よ!
大罪喰いが放っていた光、
それによって変じていた世界が、今、戻る!


Moren: The sunless sea…

モーレン : 天の、暗き海……。


Moren: The Warrior of Darkness has come!

モーレン : 闇の戦士が、現れたんだ……!


Lyna: Is that…what I think it is?

ライナ : なんて、美しい……これはいったい……。


Alphinaud: The night sky, as it should be.

アルフィノ : 夜空さ、本当の……。
あるべき闇が、戻ったんだ。

Lyna: Who are you people?

ライナ : あなたたちは、何者なんですか?


Lyna: You killed a Warden, then bathed in its aether as if it were a spring shower, and now the sky…? The legends are true!

bathe   beɪð
入浴させる、湯を使わせる、入浴する、洗う、(…を)(…に)浸す、(…を)おおう、(…に)いっぱいに注ぐ

ライナ : 大罪喰いを倒し、その光を受けても平気だなんて……
それに、この空……まるで伝承の……!

Lyna: My lord…?

ライナ : 水晶公…………?


Crystal Exarch: How many years have I waited for this moment…

水晶公 : 彼方の英雄よ。
私は、長い長い年月、待ち続けていた。

Crystal Exarch: For the one possessed of Her blessing. For you.

水晶公 : 光の加護を持ち、
罪喰いを討ち滅ぼすことのできる……あなたのことを。

Crystal Exarch: You have vanquished the Lightwarden of Lakeland, and for the first time in a century darkness has returned to the mantle of night.

vanquish   vˈæŋkwɪʃ
(完全に)征服する、破る、負かす、克服する

mantle
(袖なしの)マント、外套(がいとう)、おおい隠すもの、(ガス灯の)マントル、外套(膜)、マントル

水晶公 : 今、あなたによってレイクランドに座した大罪喰いが討たれ、
この地に在るべき闇が戻り、正しき夜が訪れた。


Crystal Exarch: Without the ever-present Light to sustain them, the sin eaters will have no choice but to retreat.

sustain   səˈsteɪn
維持する、養う、扶養する、支える、持続させる、続ける、(…を)元気づける、励ます、耐える、屈しない

水晶公 : 力なき罪喰いはもはや、闇の戻りしこの地に、
根を下ろすことはできないだろう。


Crystal Exarch: …Yet our victory is far from complete.

水晶公 : しかし……
取り戻せたのは、恐らくこの一帯のみ。


Crystal Exarch: Though darkness has fallen here, the other Wardens yet bask beneath burning skies, feasting upon what little life remains.

bask   bˈæsk
暖まる、日なたぼっこをする、浴する、浸る

beneath
…の下に、のもとに、…を受けて、(身分・地位が)…より低い、…の目下の、…する価値のない

水晶公 : 各地にはまだ大罪喰いが潜み、
光で覆った空のもと、生命を食い尽くさんとしている。


Crystal Exarch: Even should it cost me all I have, I would see each and every one of them slain, that this world might be spared from oblivion!

oblivion   əblíviən
忘れること、忘れられている状態、忘却、無意識の状態

spare spéɚ
惜しむ、節約する、労を惜しむ、さく、与える、とっておく、免れさせる、あわせない、危害を与えないでおく

水晶公 : 私は、この滅びの定めに、反逆したいんだ。
最大にして……最後の抗いを……!

Crystal Exarch: Not only for the First, but for the Source as well!
Save one and we save the other! But…be that as it may…I concede it was wrong of me to summon you to this fight against your will.

concede kənsíːd
認める、しぶしぶ認める、与える、譲る、(試合・議論で)許す

水晶公 : それが、そちらの世界を救うことに繋がるとしても、
あなた方を強引に喚んだことは、私の身勝手にほかならない。


Crystal Exarch: I swear on my life, I will one day atone for that deed.
But for the present…

swear
誓う、宣誓する、…と誓って言う、断言する、罰当たりなことを言う、ののしる、悪態をつく

atone ətóʊn
償う、…の罪滅ぼしをする

deed
行為、行動、功業、(正式に捺印した)証書

水晶公 : この非礼は、いずれ必ず……私の力、命を懸けて償おう。
だから、今は……!


Crystal Exarch: I beg you stay and see this fight to its conclusion.
Cast down the Wardens, and restore Darkness to the First!

Cast down
下の方に向ける、落胆させる

conclusion  kənklúːʒən
終わり、終結、結び、終局、結論、断定、帰結

restore    rɪstˈɔɚ
…に返す、返還する、復活させる、復興する、再建する、修復する、復元する、取り戻す

水晶公 : 私たちに、力を……!
罪喰いを倒し、世界に闇をとりもどしてほしい……!

選択肢

①I will become the Warrior you need.
②It sounds like a glorious adventure!
③It seems I’ve no choice but to fight

①その願いに応え、闇の戦士となろう
②おもしろい戦いができそうだ!
③今はそれしか道がないなら、仕方ない

選択肢①②

Crystal Exarch: On behalf of the First, I offer you my deepest thanks.

behalf    bɪhˈæf
誰かの代理として、または、誰かの役として、だれかの便宜や恩恵のために

水晶公 : ああ……!
ありがとう…………!

Alisaie: I understand there is much at stake here, Exarch, but why do you risk yourself so readily? It must have been a dangerous drain on your aether to summon even one person across the rift.

stake   steɪk
くい、棒、火刑、火あぶり、賭け、賞金、特別賞金競馬、ステークス

readily    rédəli
快く、ちゅうちょなく、二つ返事で、容易に、たやすく

アリゼー : それにしても、
あなた、どうしてそこまでして戦うの?
私たちを喚ぶのにだって、すごく苦労したでしょうに。


Crystal Exarch: I do it for my people, of course─to give the Crystarium the tomorrow it deserves.

水晶公 : もちろん、この地に生きる人々のため……
クリスタリウムの民に、平和な明日をもたらすためだ。


Alisaie: That is true now, yes─but the city had yet to be built when you first called forth the Crystal Tower.

アリゼー : それは、否定しないけど……
あなたがクリスタルタワーを喚んだときには、*
まだ街はなかったのよね?

Alisaie: I’m simply curious to know what prompted you to commit yourself so completely to this particular course.

prompt  prάm(p)t
形容詞:迅速な、機敏な、てきぱきした、即座の、…に敏速で、てきぱきして、迅速で、 刺激する,鼓舞する.

アリゼー : だから、最初のきっかけは何だったのかっていう話よ。

Crystal Exarch: There are…things which we can ill afford to lose.

can ill afford to do
~する余裕がない、~出来ない
We can ill afford to lose a minute.  1分も無駄にできない。

水晶公 : ……救われてほしい人がいるのだ。


Crystal Exarch: And…I sensed from the first that I had a part to play in preserving them.

preserve   prɪzˈɚːv
保存する、維持する、保つ、留める、…に漬ける、保護する、守る

水晶公 : その人の未来を繋げるならば……
私は、世界ひとつ、救ってみせる。


Crystal Exarch: Forgive me. I fear the events of the day may have taken their toll.

水晶公 : 意外だろうか?
だが、これ以上の追及は、今は許してくれると嬉しい。


Crystal Exarch: Despite appearances, I am an old man─one burdened with many…difficult memories, some too painful to recall.

burden   bˈɚːdn
荷物、荷物運び、重荷、負担、心配、苦しみ、積載力

水晶公 : 私はこれでいて、結構な老人なのだ。
己を語る言葉のひとつひとつが、
どうにも膨らみすぎていて、胸につかえてしまう。


Alisaie: Well, then I’m sorry for pressing you.
It’s a family failing, I’m afraid.

アリゼー : ……わかったわ。
無理に聞こうとして、ごめんなさい。

Alphinaud: Hmph. One which has served us well, more often than not. Needless to say, we will continue to fight at your side until the last sin eater is defeated.

needless  níːdləs
不必要な、むだな

アルフィノ : 私たちも、引き続き一緒に戦うよ。
遠くで待っている人たちのためにも、必ず罪喰いを倒そう!

Crystal Exarch: Come then, my Warriors of Darkness─let us gather the surviving villagers, and make our way back to the Crystarium.

水晶公 : それでは、保護した村人たちをつれて、戻るとしよう。

Alphinaud: Without that constant glare, Lakeland seems an entirely different place…
アルフィノ : レイクランドも、こうして見ると違って感じるものだね。

Alisaie: It’s over, yes? I might need a moment…
アリゼー : これで、一段落よね?
だったら……。

Lyna: It’s as if the sky itself had disappeared into the heavens… If I didn’t have wounded to tend to, I’d never stop staring…
ライナ : まるで、空が高くなったかのようにさえ思います。
見上げていたいですが、まずは彼らの手当と移送ですね。

Crystal Exarch: How quickly you have justified my faith in you…

justified  dʒʌ́stəfàɪd
もっともなことで 、位置調整された; 調整済の

水晶公 : おつかれさま。
そして、ありがとう……〇〇。

Crystal Exarch: So many lives saved, and the sky itself heralds your success.
A single victory in a larger struggle, perhaps, but a momentous one nonetheless!

herald  hérəld
布告者、報道者、使者、先駆者、先ぶれ、…を告知する、…を先ぶれする,予告する 〈in〉.

momentous   moʊménṭəs
重大な、重要な

nonetheless  n`ʌnðəlés
それでもなお、それにもかかわらず

水晶公 : あなたのおかげで救われた命があり、こうして空も戻った。
たった一歩、されど大きな一歩だ。
……ああ、本当に!

クエスト「 大罪喰い 」より
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

終わりに

いかがだったでしょうか?

参考書や教科書で勉強することは時には眠くなることがあります。英語学習はすぐに結果が出ないため、長期戦です。楽しく続けることが一番であり、オンラインゲームが最適なのです。

外国人のユーザーもたくさんいるため、フレンドになれれば無料で英会話することも可能です。実際に私自身も北米の方とディスコードで実際に声を交わしながらプレイしたこともありました。

ゲームの中で遊びながら楽しく学習することで、英語学習も楽しいものにすることが可能ですのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です