丁寧?ビジネス向き?I would like toとwant toの違いと意味について

オンラインゲームで楽しく英語を勉強してみませんか?

このサイトでは大人気オンラインゲーム・ファイナルファンタジー14のセリフを使った英語学習方法をご紹介しています。

今回はメインストーリー漆黒のヴィランズ5.0、ユールモアの街を調査する#20「喜びに満ちた人々」の1シーンを使って英語を学んでいきましょう。

クエストのストーリーを振り返りたい方は後半にセリフがありますのでご覧ください。

would like to~のセリフ場面

まずは、こちらのセリフをみてください。

For this excursion, I’d like you to delve into the layer below us, and sniff about the military headquarters.
I’m sure the Understory has its own tale to tell…

今度は、さっき通り過ぎた、ひとつ下の階層……軍の司令本部があるという「樹幹の層」も見てみてほしい。……頼んだよ。

ここで注目して欲しいのがI’d like to~です。

I’dとはI wouldが省略されたものです。

今回はこのI would like to~の意味や使い方を解説していきます。

「~したいと思う」「~したいのですが」という表現

wouldは丁寧な言い回しをするときに使われる表現です。

また、like to~は「~することが好き」という意味です。

このことから、would like to~

「~することが好きなんですが」→「~したいと思う」「~したいのですが」

という少し丁寧なニュアンスになっています。

I would like to~とwant toとの違い

ここで気になるのが、同じような意味を持つwant toの存在です。

want toは「~したい」という意味ですが、こちらはかなり直接的な表現となります。

want towould like toを例文で比較

want towould like toを例文で比較しながら確認してみましょう。

(A) I want to see a movie.

(B) I would like to see a movie.

(A)want toはかなりストレートな表現です。この場合、「映画見たーい!」というようなニュアンスになります。

そのため、家族や友人などかなり親しい間柄で使うべき表現となります。

時折、大人がこのような表現をすることで「無邪気だな」と微笑ましく思ってもらえるかもしれませんが、多用したり、時と場合によっては「子どもっぽいな」と思われることもあるので注意が必要です。

一方、(B)would like toはwant toに比べて控えめで丁寧な表現なため「映画を見たいのですが」「映画を見たいと思ってるんだけど」という意味になります。

会社関係の人やこれから距離を縮めていきたい相手などには、would like toの方が好まれます。

would like toを使った例文を見てみよう

would like toを使った例文をいくつかみていきましょう。

toの後ろに動詞の原形がくることにも注意して見てくださいね。

I would like to talk with Mr. Kimura.

「木村さんと話したいのですが。」

I would like to have a cup of coffee. 

「コーヒーを欲しいのですが。」

「人に~してほしいんだけど」とする表現

また、would like to~にすると、「人に~してほしいんだけど」という意味になります。

I would like Hanako to go to Hokkaido with me.

「花子に一緒に北海道に行ってほしいと思っているんだけど。」

I would like you to visit me tomorrow. 

「明日私を訪ねて欲しいのですが。」

このようにwould like to~にすることで「人」にしてほしいことを表現することが出来ます。

しかし、これを直接相手に伝えると、互いの関係性にもよりますが少し強制的だと思われることもあります。

家族や仲間内、上司から部下に対して、同僚同士などでは頻繁に使われる表現ですが、目上の人やこれから関係を築いていかなければならない取引先相手などには使わないようにしましょう。

would like toのまとめ

I would like to~は、今回最初にご紹介したセリフのようにI’d like (人) to~と省略されることが多いです。

would like to~は非常によく使われる表現ですので、I’d like to~のかたちにもしっかりと慣れておきましょう。

FF14漆黒#20のセリフで英文を読む練習をしよう

漆黒のヴィランズ、メインクエスト20『喜びに満ちた人々(英語版タイトル:A Blessed Instrument) 』 のセリフを使って英文を読む練習も行ってみませんか?

リーディング力を伸ばすことは語彙や表現方法を増やし、文法力、理解力もつくので英会話の基礎づくりにおすすめです。当サイトでぜひ試してみてください。

※ストーリーに関する記事になります。ネタバレを避けたい方は、ストーリークリア後にご利用ください。

※日本版のセリフと個人的に調べた英単語は必要に応じた際にチェックできるよう アコーディオンで伏せております。(クリックでご覧になれます)

※日本版は記載された英文の和訳ではありません。ローカライズされているため、参考としてご覧ください。

A Blessed Instrument

Alphinaud: (Lady Chai has a very particular sense of beauty, and apparently that extends to how I should dress whilst painting…)

whilst   (h)wὰɪlst
…する一方で、間に

アルフィノ : ドゥリア夫人は、とても美意識の高い方なのだね。
画家の服装にまで、こんなにこだわるなんて……。

Alphinaud: (But this obsession of hers works in our favor.
The time I spend indulging these distractions is time you can use to continue your explorations.)

obsession   ɑbséʃən
取りつくこと、取りつかれていること、妄想、強迫観念、執念
indulge    ɪndˈʌldʒ
甘やかす、気ままにさせる、ほしいままにする、欲望を満足させる、(…に)ふける、おぼれる

アルフィノ : おかげさまで、もう少し時間がつくれそうだ。
よければ、今のうちに再度「見学」に行ってきてはくれないか?

Alphinaud: (For this excursion, I’d like you to delve into the layer below us, and sniff about the military headquarters. I’m sure the Understory has its own tale to tell…)

excursion
(ある目的で団体で行なう)小旅行、遠足、(特別割引料金の)周遊旅行

delve   délv
探究する、詮索(せんさく)する

sniff
(…を)ふんふんかぐ、(…を)鼻であしらう

アルフィノ : 今度は、さっき通り過ぎた、ひとつ下の階層……
軍の司令本部があるという「樹幹の層」も見てみてほしい。
……頼んだよ。

Alphinaud: (Now is your chance to squeeze in another round of reconnaissance. 2Go─I will cover your absence should the Chais become suspicious.)

アルフィノ : 今のうちに、ほかの場所も見て回ってきてほしい。
夫妻には、私からうまく言っておこう。

軍の司令本部があるという「樹幹の層」へ

Weeping Warbler:

きらびやかな労役市民 : ううっ……ぐす……ぐす……。

Weeping Warbler: You…you’re one of the bonded, aren’t you? Like me?

きらびやかな労役市民 : あ、あなたは……?
あなたも誰かにお仕えする労役市民なの……?


Weeping Warbler: Please, I need your help!
My throat, it’s… I can’t sing anymore…

きらびやかな労役市民 : だったらお願い、力を貸して……!
私……私……歌い手なのに、喉の調子が変で、
うまく歌えなくなってしまったの……。

Weeping Warbler: I’ve been making excuses, but it’s just not getting any better.
If my patron thinks I’m of no use to him, then…

きらびやかな労役市民 : どうにか誤魔化してきたけれど、もう限界。
ご主人様に知られたら……ううん、知られる前に治さなきゃ!

Weeping Warbler: I need you to sneak out to the Derelicts and describe my condition to Thoarich.

sneak out
忍び出す  密かに、こっそりと離れる

きらびやかな労役市民 : ねえあなた、私に代わって、
建物の外にある「廃船街」にいるという、
「ソーリッチ」というくすり師を訪ねてもらえない……?

Weeping Warbler: Here’s a list of symptoms, and a hunk of meol to pay for his medicines… Please, I have no one else to turn to!

turn to
仕事を始める
symptom
(病気の)症状、徴候、症候、(物事の)兆候、しるし、兆し
hunk
(特に肉・パンなどの)大きなかたまり、厚切り、りっぱな体格の人、大男、ハンサムな男性

きらびやかな労役市民 : 喉の症状を書いたメモと、薬代がわりのメオルを渡すわ。 どうか……どうかお願い……!

Weeping Warbler: …You don’t know the Derelicts?
It’s the mess of shacks and ships right outside Joyous Hall.

shack   ʃˈæk
掘っ建て小屋

きらびやかな労役市民 : 廃船街は、この建物の外側に広がっている、
非市民たちの住処よ……。
ジョイアスホールから出れば行くことができるわ。

Weeping Warbler: That’s where the apothecary lives.
Or at least, that’s what I heard…

きらびやかな労役市民 : そこに「ソーリッチ」というくすり師がいると聞いたの。 どうか……力を貸して……!

「廃船街」にいるというくすり師を訪ねる

Thoarich: Hee hee! You need medicines? Tonics? Potions?

ソーリッチ : ……イヒッ!
なんだい、薬がご入用かね?

Thoarich: Hmmm, a cure for an ailing voice, is it…?

ail    eɪl
苦しめる

ソーリッチ : ははぁ、このメモに書かれた症状を治せる薬がほしいと……。

Thoarich: No, no medicine will cure this.
Methinks your songbird has a lump in her throat.
It must be cut out, excised, and even then the voice may never heal completely.

Methinks   mɪθíŋks
(…と)(私には)思われる

lump
(不定形の)かたまり、角砂糖 1 個、こぶ、腫(は)れ物、ずんぐりした人、まぬけ、のろま、たくさん、どっさり、批判
〈はれもの・臓器を〉〔体から〕切除する 〔from〕.

excise  ɪksάɪz,
〈語句などを〉〔…から〕削除する 〔from〕

ソーリッチ : 悪いが、薬じゃどうにもならないだろうね。
恐らく喉に悪いものができている……
それを切り取れたとしても、声が完全に戻ることはないだろう。

Thoarich: Hee hee, poor little songbird.
Will they kick her from the nest, I wonder?
Or simply silence her chirps?

chirps
チューチュー[チーチー]鳴く. かん高い声で話す.

ソーリッチ : イヒヒッ、かわいそうに……。
この娘は捨てられるのか、それとも消えてしまうのか……。

Thoarich: Hoho, your face! You didn’t know!? Of the many hopefuls who enter the city, very few are ever seen to leave. Even as corpses…

corpses  kˈɔɚps
(特に、人間の)死体、死骸

ソーリッチ : なんだい、知らないのかい!
ユールモアには大勢の者が招かれるがね、
出ていく奴は滅多にいないのさ……死体ですらね。

Thoarich: Oh, you might see one or two fortunate fools hurled from the balconies, but the rest…? Gone.

hurl hˈɚːl
(…を)強く投げつける、(…に)勢いよくぶつかっていく、飛びかかる、(…に)浴びせる、放つ

ソーリッチ : たまに海に捨てられる阿呆がいるものの、それ以外は……
入ったが最後、どこかへ「消えて」しまうのさ。

Thoarich: A town of nightmares, it is.
Not for this ship’s rat, oh no no.
I am content to scurry around down here, and nibble on the crumbs which fall from the table.

nightmare   nάɪtmèɚ
悪夢、悪夢のような出来事、不快な人、恐怖感、夢魔

scurry  skˈɚːri
あわてて(ちょこちょこ)走る、小走りに急ぐ

nibble    níbl
少しずつかじる、(…を)少しずつかじって作る、少しずつ使い果たす

crumb   krˈʌm
(パンなどの)くず、かけら、パンくず、パン粉、(パンの皮 と区別して)パンの中身、しん、わずか、人間のくず、ろくでなし

ソーリッチ : まったく、恐ろしい街だよ。
オレに言わせりゃ、こうして外側にへばりついて、
おこぼれに預かってるくらいがちょうどいいね。

Thoarich: This consultation is over!
You have my verdict, and I have my meol! Good day!

verdict   vˈɚːdɪkt
(陪審員が裁判長に提出する)評決、答申、裁断、判断、意見

ソーリッチ : ……さ、話はおわりだ!
所感は伝えてやったんだし、メオルはそのままもらっておくよ!

Thoarich: All the old hands, they know, oh yes, they know. They just don’t like to talk about it. Wouldn’t want to upset the status quo, hee hee!

status    stéɪṭəs
(社会的)地位、身分、高い地位、威信、信望、事情、事態

ソーリッチ : 出ていく者がいないことなんて、古参の奴はみんな知ってるよ。
だけど、考えないようにしているのさ。
藪蛇になっちゃ困るからね。

きらびやかな労役市民の元へ戻る

Weeping Warbler: D-Did you get my medicine…?

きらびやかな労役市民 : ど、どう……薬はもらえたの……!?

Weeping Warbler: …So that’s it? What am I to do if I can’t sing…?

きらびやかな労役市民 : うっ……うう……そんな、声が戻らないなんて……。
これから私はどうしたら……。

Free Citizen: Ah, there you are, my sweet canary. Have you been crying again? Don’t tell me your voice is still not on the mend…

canary   kəné(ə)ri
カナリア、カナリア色、密告者

mend ménd
(…を)直す、(縫って)繕う、改める、(…を)改善する、改良する

紳士風の自由市民 : おお、探したよ、私の金糸雀。
いったいどうして、こんなところで泣いているんだい?
それに、声が戻らないとは……?

Weeping Warbler: Oh, generous sir, have mercy! I’ve done all I can, but even the apothecary said…

きらびやかな労役市民 : ああ、ご主人様……!
それは、その……実は……私……。


Free Citizen: …So you’ve been suffering all this time?

紳士風の自由市民 : ……なるほど、君が喉を患っていたとは。

Free Citizen: I am sorry, my pet.
I hadn’t realized your affliction was this grave … But you needn’t fret!
I’ll not reward your hours of trilling by casting you out into the street!

affliction əflíkʃən
(心身の)苦悩、難儀、悩みの種、不幸の原因

fret frét
いらいらさせる、悩ます、いらだつ、悩む、やきもきして暮らす、乱す、波立たせる、(…を)次第に腐食する、(…を)雷文で飾る、格子細工にする

trill  tríl
震え声で歌う、トレモロで奏する

reward
動詞 〈…に〉報いる. 〈注意・研究に〉値する. ほうび]を与える

紳士風の自由市民 : 気づいてあげられなくて、すまなかったね。
大丈夫、これまで私のために歌ってきてくれた金糸雀を、
捨てたりなどしないよ。

Weeping Warbler: You are too kind, sir…

きらびやかな労役市民 : ありがとうございます……ご主人様……。

Weeping Warbler: But what use am I if I cannot sing?
I fear the day I become more burden to you than treasure…

burden   bˈɚːdn
荷(物)、(特に)重い荷物、荷物運び、(義務・責任の)重荷、負担、(心の)重荷、心配、苦しみ、(船の)積載力

きらびやかな労役市民 : でも、歌うことができなければ、私は何のお役にも立てません。
いつか本当に不要になるのではないかと……怖いです……。

Free Citizen: Then I shall have a word with Lord Vauthry, and arrange for your ascension.

ascension
のぼること、上昇、キリストの昇天

紳士風の自由市民 : それなら、ドン・ヴァウスリーにお願いして、
君を天に運んでもらおう。

Free Citizen: In that paradise where resides neither pain nor illness will your song ring out clearly once again.

reside  rɪzάɪd
(長い期間)住む、(…に)駐在する、(…に)存する、(…に)属する、帰する

neither nor
~も~もない

紳士風の自由市民 : 苦しみも病もないそこでなら、
君だって喉を気にすることなく、また歌えるはずだ。

Free Citizen: …Or mayhap you think it a step too far?

紳士風の自由市民 : ……それとも、あちらでまで私のために歌うのは嫌かな?

Weeping Warbler: No, I… You would do that for me!?

きらびやかな労役市民 : う、うそ……!
よろしいのですか……!?

Free Citizen: Of course. Why, I would almost wish to hasten my own ascension, knowing your blessed instrument was waiting there to greet me.

紳士風の自由市民 : ああ、もちろんだとも。
君の澄んだ歌声が待っていると思えば、
私も一層、天に召される日が楽しみになるよ。

選択肢

①Ascension・・・?
②Sounds too good to be true・・

①天に・・・運ぶ・・・?
②胡散臭い話だ

①の選択肢

Free Citizen: Ah, you must be a new arrival. Allow me to explain.

紳士風の自由市民 : ああ、もしかして君は、新しく入ってきたばかりかい?
それなら、覚えておくといい。

②の選択肢

Free Citizen: Ah, you must be a new arrival to harbor such doubts.
Allow me to allay your suspicions…

harbor 動詞  hάɚbɚ
…に避難所を与える;…をかくまう,隠す   (悪意など)を心に抱く

allay   æléɪ
静める、やわらげる、軽くする

紳士風の自由市民 : ああ、もしかして君は、新しく入ってきたばかりかい?
確かに最初は信じがたいかもしれないが……覚えておくといい。

Free Citizen: As all know, the sin eaters exist to devour the sinful.
But also do they serve to gather the souls of the innocent, and shepherd them unto celestial paradise.

devour  dɪvάʊɚ
むさぼり食う、がつがつ食う、(…を)滅ぼす、(…を)のむ、むさぼり読む、(…を)食い入るように見つめる、(…に)熱心に聞き入る、夢中にさせる

shepherd  
〈羊を〉飼う,見張る,世話する. 〈人の集団を〉(…に)導く,案内する.

celestial   səléstʃəl
天の、空の、天体の、天国の(ような)、こうごうしい、絶妙な、こよなく美しい、すばらしい

紳士風の自由市民 : 罪喰いは、罪ある人を喰らう一方で、
罪なき人の魂を、滅びかけたこの地上から掬い、
天にある楽園へ連れて行ってくれる……。

Free Citizen: It is through Lord Vauthry that we learned this truth.
It is through Lord Vauthry’s grace that the free people of Eulmore are destined to embrace salvation.

destine déstɪn
予定する、運命づける、(…と)定める

embrace   embréɪs
(愛情をもって)抱擁する、抱き締める、(…を)取り囲む、取り巻く、含む、包含する、(…を)包含する、乗ずる、喜んで応ずる、取り入れる

salvation   sælvéɪʃən
救済、救助、救済物、救済手段、救い、救世(主)

紳士風の自由市民 : それを、ドン・ヴァウスリーが明らかにしてくれたんだ。
彼のしもべたるこの街の民は、救われるべき民であるともね。

Free Citizen: We are blessed to spend our days surrounded by love and merriment, until at last we are called to our final rapture.
Even the bonded may find a place within that host, should their patrons deem them worthy.

merriment   mérɪmənt
陽気さ、陽気な騒ぎ、おもしろがって笑うこと、歓楽

rapture  rˈæptʃɚ
有頂天、狂喜、歓喜

deem   díːm
(…を)思う、思う

紳士風の自由市民 : だから私たちは、この街で愛と愉しみのままに暮らし、
それを十分に謳歌したら、天に運んでもらう。
労役市民だって、主の許可があれば、運んでもらえるよ。

Weeping Warbler: Lord Vauthry truly is a great man, isn’t he?

きらびやかな労役市民 : 本当に、ヴァウスリー様は、
希望の光のようなお方ですよね。

Free Citizen: Now if you will excuse us, we must be on our way.
May you find eternal salvation for the compassion you have shown my precious canary.

compassion   kəmpˈæʃən
(切実な)同情(心)、哀れみ

紳士風の自由市民 : それでは、私たちはそろそろ失礼しよう。
私の金糸雀に付き添ってくれた君にも、
永遠の救いがもたらされんことを……。

アルフィノの元へ戻る

Dulia-Chai: Oh, dearest, we really should have found you some new gloves.
ドゥリア・チャイ : ねえ、あなた。
やっぱり、あの手袋も買っておくべきだったかしら?
Chai-Nuzz: Yes, my love, you’re probably right…
チャイ・ヌズ : む、むぅ……そうだな……。

Alphinaud: ‘Tis good to see you back.
You were taking so long I began to worry something had happened.

アルフィノ : ああ、戻ってきてくれてよかった。
少し時間がかかっているようだったから、心配していたんだ。

Alphinaud: I’ve begun sketching an outline for the portrait, but…nay, the Chais appear otherwise occupied.
Will you share what your investigations have gleaned thus far?

occupied   άkjʊpὰɪ
(…を)占領する、占拠する、(住人・所有者として)居住する、借用する、使用する、占める、つく、費やす、引く、注意を必要とする

gleaned  glíːn
拾う、刈り残りを集める、(苦労して少しずつ)収集する

アルフィノ : 私は下絵を描き始めたのだが……ふむ……
今なら夫妻の注意もこちらにないようだ。
君の見学の成果を、聞かせてもらっても?

Alphinaud: So…Lord Vauthry boasts some manner of influence over the sin eaters, does he?
That would explain the reverence in which he is held by the citizenry.

boast  bˈəʊst
(…を)自慢する、誇る

reverence    rév(ə)rəns
(深い尊敬・愛情をもった)崇敬、尊敬、敬意、尊師

アルフィノ : ドン・ヴァウスリーには、罪喰いを従えられる力がある……か。
それもあって、市民には信望されているようだね。

Alphinaud: And as for this “ascension” business, I cannot help but be put in mind of that apothecary and his ominous remarks.
If so many folk have entered the city over the years, then where do they go…?

apothecary    əpάθəkèri
薬屋

ominous     άmənəs
不吉な、縁起の悪い、険悪な

remark  
意見,批評   注意,注目

アルフィノ : しかし、その、罪喰いが市民の魂を天に運ぶという話は……。
「ユールモアに入る者は多いが、出る者はいない」というのも、
それに関係しているのだろうか……?

クエスト「喜びに満ちた人々」より
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

終わりに

いかがだったでしょうか?

参考書や教科書で勉強することは時には眠くなることがあります。英語学習はすぐに結果が出ないため、長期戦です。楽しく続けることが一番であり、オンラインゲームが最適なのです。

外国人のユーザーもたくさんいるため、フレンドになれれば無料で英会話することも可能です。実際に私自身も北米の方とディスコードで実際に声を交わしながらプレイしたこともありました。

ゲームの中で遊びながら楽しく学習することで、英語学習も楽しいものにすることが可能ですのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です