【英語学習】think以外にも使ってほしい!「~だと思う」英会話表現3選~5.0#2「第一世界の街」より

ゲームで楽しく勉強してみませんか?

今回もファイナルファンタジー14漆黒のヴィランズ2つ目のクエスト「第1世界の街」のワンシーンを使って英語を学んでいきましょう。

think以外の「~だと思う」表現

まずは、こちらのセリフを見てください。

水晶公の~だと思う表現
英語版

Crystal Exarch: …But I think our conversation would be more meaningful were you first to gain a firmer grasp of the situation here.

日本版

水晶公 : 込み入った話をするためにも、あなたにはまず、我々の実情を知ってもらいたい。

ここで注目したいのが、thinkです。

thinkは「~だと思う」と自分の考えを伝えるときに使う表現です。

みなさんも英会話のときによく使う表現なのではないでしょうか。

では早速、次の日本語を英語にしてみましょう。

「それは良いと思う。」

I think that is good.”

では、次に「それは良くないと思う。」を英語にしてみましょう。

“I think that isn’t good.”

このような英文を作った方はいませんか?

文法的に誤りではないのですが、ネイティブはあまりこのようには言いません。

ではどのように表現すれば良いのでしょうか。

みなさんに使ってほしいのはこちらです。

“I don’t think that is good.”

注目すべきはnotの位置です。

I think+否定文(not)」は、いろいろ考えた末に出した結論という感じでかなり強い否定になります。

I don’t think+肯定文」は、あまり堅く考えずに個人的な意見を言いたいときに使います。

そのため、普通のやり取りの場合は、I don’t think+肯定文のかたちを使うようにしましょう。

think以外に使ってほしい表現3選

さて、ここまでthinkについてご説明してきましたが、そればかりを使用していると会話が単調になってしまいます。

そこで、ここからはthink以外にも是非とも使ってほしい表現を3つご紹介します。

I suppose  ~

「(多分そうだろうと)思う」といったような推測の気持ちを表します。

例文:I suppose you’re right.  「君の言う通りだろう(たぶん)。」

I believe ~

「(信じる、~を確かだと)思う」という意味が含まれてthinkより強い気持ちを表します。

例文:I believe she is honest. 「私は彼女を正直だと思う(信じている、確信している)。」

I’m afraid ~

「(残念ながら)思う」と残念な気持ちをやんわりと伝えることができます。

例文:I’m afraid it will rain tomorrow. 「残念ながら、明日は雨になりそうです。」

これらの表現を使うことで会話に気持ちが乗ってきますので、是非とも使いこなしてくださいね。

■おまけ

今回はじめにご紹介した、水晶公のセリフで押さえておきたい単語をご紹介します。

  • meaningful 「意義のある、有意義な」
  • gain       「得る、手に入れる」
  • firmer(←比較級。原型はfirm。)   「堅い、しっかりとした、確固とした」
  • grasp    「(~を)ぎゅっとつかむ、~を把握する」

これらの単語はTOEICや英検など各種英語試験にもよく出てきますので、覚えておくと役立ちます。

「~だと思う」英会話表現まとめ

think「~だと思う」は非常に便利ですが、使い方には意外と注意が必要です。

また、この機会にthink以外の表現もどんどん使ってみましょう。

FF14漆黒メインクエスト#2のセリフで英文を読む練習をしよう

今回の英会話教材とした漆黒のヴィランズ、メインクエスト2つ目『第一世界の街(英語版タイトル:City of the First) 』のセリフを使って英文を読む練習もしてみませんか?

リーディング力を伸ばすことは語彙や表現方法を増やし、文法力、理解力もつくので英会話の基礎づくりにおすすめです。当サイトでぜひ試してみてください。

英語小説のような感じで読み進められるように日本版のセリフはアコーディオンで伏せております。(クリックでご覧になれます)また個人的に調べた英単語も必要に応じた際にチェックできるよう同様に折り畳んでおります。

※ストーリーに関する記事になります。ネタバレを避けたい方は、記事をストーリークリア後にお読みください。

※日本版は記載された英文の和訳ではありません。ローカライズされているため、参考としてご覧ください。

City of the First

Crystal Exarch: Now, a full and frank discussion in the privacy of my study would seem to be in order…

水晶公 : さて、さっそく私の執務室に移動してもいいのだが……ふむ。

Crystal Exarch: …But I think our conversation would be more meaningful were you first to gain a firmer grasp of the situation here.

水晶公 : 込み入った話をするためにも、
あなたにはまず、我々の実情を知ってもらいたい。


 Crystal Exarch: To that end, I would like you to visit a few of the Crystarium’s civic leaders, and glean something of this world and its predicament.

水晶公 : いくつか街の主要な施設を紹介するので、
そこの顔役たちと話し、「この世界についての話題」を、
集めてきてはくれないか?


Crystal Exarch: As you can see, this path will take you directly to the aetheryte─a convenience with which I am sure you are only too familiar.

水晶公 : ここからまっすぐに進むと……
あなたならご存知だろう、エーテライトがある。

Crystal Exarch: Being the rightful object of my summoning spell, you should in theory be able to reach all the way back along your aetheric trail and find a connection in the Source, believe it or not.

rightful  正当な、合法的な、当然権利のある、公正な

水晶公 : 恐らくだが、正しい形で召喚されたあなたならば、
己の通ってきた道を辿り、
原初世界の地脈とも繋がれるかもしれない。

Crystal Exarch: I strongly suggest you complete this attunement before venturing any further.

水晶公 : 顔役たちを訪ねる前に、一度試してみるといいだろう_

Crystal Exarch: After you have done so, walk up the steps next to the aetheryte and head out to the left to arrive in the Crystalline Mean. This is where you’ll find our collective of crafters and gatherers, as well as their spokeswoman, Katliss─one of the people I should like you to meet.

水晶公 : エーテライトの左隣にある階段を上り、建物を出ると、
この街の職人たちが集う「ミーン工芸館」がある。
顔役は「カットリス」という女性だ。

Crystal Exarch: Another is Moren. To reach him and his “Cabinet of Curiosity,” you’ll want to avoid the aforementioned steps, take the exit on the left, and simply continue straight along and down until you come to the large doors at the end of the path.

水晶公 : 階段を上らず、左側の通路を進むと、
つきあたりが「博物陳列館」……巨大な書庫だ。
顔役は「モーレン」という青年さ。

Crystal Exarch: The third and final person I should like you to meet is Bragi, our man in charge of trade and distribution. He is to be found in the markets, which you can access from the opposite side of the aetheryte plaza.

水晶公 : エーテライト・プラザの右側に進むと、市場に繋がっている。
流通を取りしきるのは、顔役の「ブラギ」だな。

 Crystal Exarch: In seeking out each of my colleagues, you will visit the major districts of the city, and hopefully gain a feel for the place. I trust my directions were simple enough?

水晶公 : 以上が、あなたに回ってもらいたい場所だが……
行き方は、概ね伝わっただろうか?

選択肢

①Crystal clear
②To the right and down the where now・・

①完全に理解した
②複雑すぎる・・

①の選択肢

Crystal Exarch: Hah, very good. I concede, the layout of the Crystarium owes more to historic necessity than planning, but I’m sure you’ll learn its twists and turns before long.

水晶公 : さすがだ。
拡張を重ねている街だから、どうにも構造が複雑なのだが……
あなたならば、心配ないだろう。

②の選択肢

Crystal Exarch: My apologies. I forget how confusing the Crystarium can be for newcomers. Not to worry! I’m sure you’ll soon become accustomed to its twists and turns.

水晶公 : すまない、拡張を重ねている街だから、
どうにも構造が複雑でね……。
それでも、実際に歩いてみれば慣れるはずだ。

以下から同じセリフへ

Crystal Exarch: …In all honesty, the true challenge may be in finding the right way to approach its citizens.

水晶公 : ……ああそうだ、ひとつだけ注意してもらいたいことがある。

Crystal Exarch: As you discovered during your encounter with the captain, the people of this world are unaware of the existence of other stars, and will struggle to accept the truth of your origin.

水晶公 : さきほどの関所でもそうだったように、
この世界に生きる民は、普通、別世界の存在を知らない。
あなたの素性は、彼らには理解しがたいものだろう。

Crystal Exarch: That being the case, when they ask whence you hail─as they inevitably will─I suggest you claim to share a homeland with the Crystal Exarch. There is an unspoken rule here about peering too deeply into that particular mystery.

水晶公 : ゆえに、身元を問われた際には、
水晶公の同郷人だと答えるといい。
この街において、それは詮索無用を意味する言葉になる。

Crystal Exarch: When you’ve finished making the rounds, pray meet me in the large courtyard at the center of town. Until then.

水晶公 : それでは、ひと回りしたら、 街中央にある大きな広場で落ち合おう。 ……また後程。

ミーン工芸館のカットリス

Katliss: Rare to see a place so well stocked with goods, isn’t it? But not here.

カットリス : ……これだけ物が集まってるのは、珍しいだろう?
よそじゃ、なかなかお目にかかれない光景さ。

Katliss: I’m going to guess you’re new to our fair city?

カットリス : 見ない顔だと思ったが、新入りだね?
ようこそクリスタリウムへ。

Katliss: Well, for what it’s worth, you’ve chosen a fine sanctuary. The Exarch can throw up a barrier if the sin eaters come knocking, so it’s a damn sight safer in here than it is out there.

カットリス : あんたはいい街を選んだよ。
罪喰いが攻めてきても、水晶公が障壁を張ってくれるから、
外よりはいくらか安全なんだ。

Katliss: Safer and more civilized, too─thanks to us in the Mean. We work together to procure materials and resources, and craft the goods which make city life possible. This is the place to visit if you need a coat mended or a kettle forged!

カットリス : その内側では、あたしたち「ミーン工芸館」の面々が、
協力して資材を調達し、物づくりをすることで生活を支えてる。
ここは、クリスタリウムの製造業の中心なのさ!

Katliss: Just don’t go thinking it’ll all be handed to you on a plate like those Eulmoran layabouts. Here in the Crystarium, we work for a living.

カットリス : ただし!
ユールモアの街みたいに、贅沢三昧とはいかないよ。
働かざる者、食うべからずってね。

Katliss: Though I see you’re no stranger to honest labor. You don’t have that whiff of indolence about you like some folk I’ve met. Still, I can’t quite pin down your profession… Where is it you’re from?

カットリス : あんた、見るからに働き盛りって感じだけれど、
もともとは何をしてたんだい? 出身は?

Katliss: …One of the Exarch’s countrymen, you say? …I see.

カットリス : なに、水晶公と同郷だって?
それは……へぇ……あんたがねぇ……。

Katliss: Well then, I’ll work twice as hard to make you feel welcome! Our city wouldn’t even exist if it weren’t for him, and any friend of his is a friend of ours!

カットリス : だったらなおさら、ここの住民として、歓迎しなくちゃね。なんといっても、この街は公のおかげでできたんだから。

Katliss: It’s really quite incredible when you think about it. They say his grand magicks summoned the Crystal Tower into existence─pulled the entire thing out of thin air.

カットリス : 水晶公は、本当に偉大な魔法使いなんだ。
この街の中心にある「クリスタルタワー」も、
あの方が、どこからともなく喚び出したものらしい。

Katliss: It wasn’t long before droves of refugees began congregating around its base, desperate for shelter after losing their homes to the Flood…

カットリス : 「光の氾濫」以降、人は住む場所を追われる一方だったから、難民となった大勢の人々は、ワラにもすがる思いで、
その塔のもとに集まりはじめた……。

Katliss: And that’s how the Crystarium began. At the Exarch’s invitation, buildings started going up, and with the help of some curious relics brought forth from the tower, the place gradually expanded into the thriving metropolis you see today.

カットリス : それを公が受け入れたのが、クリスタリウムのはじまりだ。以降、塔の中から発見される不思議な道具の助けも借りながら、
この街は発展してきたってわけさ。

Katliss: The city’s stood here for decades now, yet the eldest among us swear the Exarch looks exactly the same as he did back then…

Katliss: He is indeed a man of many mysteries. But for all his secrecy, he has never yet let us down.

カットリス : それも含めて、謎の多い人だけれど……
あたしたち住民は、みんな、公に感謝してるんだ。
彼のすべてを暴かずとも、信頼は揺らがないよ。

Katliss: So if he─and you─wish to remain silent about your shared homeland, then the folk here will respect your wish for privacy.

カットリス : ということで、あんたがその同郷だって言うなら、
誰も余計な詮索はしないだろうよ。

Katliss: …I am, however, more than a little curious to see any crafting talent you might be hiding! If you’ve aught to contribute on that front, be sure to come back and visit once you’ve had a chance to settle in.

カットリス : ただ、もしあんたが何かの職人なら、
その腕前には興味津々さ!
いずれ機会があったら、また訪ねてきておくれ。

Katliss: Just ask for Katliss, and I’ll find you a niche here in the Crystalline Mean. You can help us keep the cogs of the city greased and turning!

カットリス : ここは人々の生活を照らす、ミーン工芸館!
あたしは館長のカットリス!
改めて……これからよろしくね。

ムジカ・ユニバーサリスのブラギ

Bragi: New to the city, friend? The spinning head and wide eyes give you away.

ブラギ : ずいぶんと、物珍しそうだな……。
ということは、新入りか……。

Bragi: Welcome. My name is Bragi, and I’m the master of these markets. They gave the district another, official title, but I’m not in the habit of using it. Too florid by half…

ブラギ : ここは「ムジカ・ユニバーサリス」……
大仰な名前がついているが、つまりは市場だ。
俺は、ここの市場長をやっている……。

Bragi: In any case, our merchants stock a range of equipment for Humes such as yourself, so finding something in your size shouldn’t be a problem.

ブラギ : お前のような、ヒュム族の装備も取り扱っているから、 好きに利用するといい……。

選択肢

①I’m sorry, did you say, Humes・・・?
②Um, I’m actually a Hyur・・・

①ヒュム族・・・?
②ヒューラン族の間違いでは?

①の選択肢

Bragi: Aye? Something wrong?

ブラギ : うん……? 俺は何かおかしいことを言ったか……?

②の選択肢

Bragi: Hm? Must be a dialect I’m not familiar with.

ブラギ : うん……?
聞きなれない響きだな……どこかの方言か……?

以下から同じセリフへ

Bragi: Let’s see if we can straighten this out. See those two in front of us? The shorter one is a Hume, like you.

Bragi: And the taller one is an elf.

Bragi: That sturdy individual over there is a Galdjent…

ブラギ : 向こうにいる屈強そうなのが、
「ガルジェント族」で……

Bragi: …whilst the one with the horns is a Drahn.

ブラギ : 角が生えているのは、「ドラン族」だ。

Bragi: And then you have the large, scaly chaps with long tails and a knack for raising livestock. Those would be the Zun.

ブラギ : そして、長い尻尾とウロコの肌を持つのが、
牧畜を得意とする「ズン族」なのだが……。

Bragi: …Which is apparently not the name you know them by. Now I’m curious to know which far-flung region you hail from…

ブラギ : ……どうやら、お前はそう呼んでいないようだな。
種族の呼び方が違うなんて、方言にしても珍しいが……
いったいどこの出だ……?

Bragi: Ah, the same as the Exarch, eh? Well, that explains it.

ブラギ : ああ……なるほど……。
水晶公の同郷だったか……。

Bragi: You don’t get much further-flung than that. We’ve had a few of your lot pass through in recent years, and despite their obvious learning, they floundered over the simplest things.

ブラギ : ならば納得だ。
ここ数年、同じように名乗る者がここに来ることがあったが、
皆とても賢い反面、妙なところで非常識でな……。

Bragi: But not to worry! Should you find yourself confused by the local language or customs, I’ll be here to answer your questions.

ブラギ : ならばお前も、そういうものなのだろう。
……これからも、わからないことがあったら聞いてくれ。

博物陳列館のモーレンのところへ

Moren: Er, e-excuse me, miss! Are you recently come to the city, perchance? I’m quite familiar with our civic roles, you see, and…well… Ahem!

モーレン : あ、あの……!
住民名簿に載っていない方とお見受けしますが、
もしや、外からいらしたんですか!?

Moren: Wh-What I mean to ask is, have you brought any books with you!? A rumpled scroll, even? A scrap of scribbled-on parchment…?

モーレン : ででで、でしたら、何か本や書類など……
いっそ紙切れでもいいので、お持ちではないでしょうか!?

Moren: …My apologies. Literature is something of an obsession of mine. As well as a profession.

モーレン : あ……すみません、つい悪い癖が……。

Moren: Librarian Moren, at your service. And this humble collection is known as the Cabinet of Curiosity.

モーレン : 僕は、モーレン。
この「博物陳列館」の司書をしています。

Moren: As your powers of perception have likely informed you, my colleagues and I are responsible for curating all manner of tomes, documents, and other vehicles for the written word.

モーレン : ここは、ご覧のとおり、
あらゆる書物を蒐集し、保管する場所です。

Moren: As horrific as the loss of life and land wrought by the Flood unquestionably was, the damage to recorded knowledge was no less catastrophic. We few do all we can to preserve what wisdom survived.

モーレン : 「光の氾濫」によって、多くの土地や命が失われたことで、あまたの知識も失われてしまいました……
僕たちは、さらなる知の喪失を防ぐため、活動しているんです。

Moren: But tell me, what brings you to the Cabinet today? Looking for any title in particular? Mayhap a spot of academic research!?

Moren: Oho! So you’ve an interest in modern history? Splendid! A thorough review of recent events can often yield novel perspectives, I quite agree!

モーレン : 世界の現状を知りたいですって!?
すばらしい、当たり前のことでも学びなおしてみると、
新たな発見があるものですよね、わかりますとも!

Moren: If you would prefer something visual to accompany the account, then I think I have an illustrated history book for children somewhere… Just a moment, and I’ll fetch it for you.

モーレン : それじゃあ、せっかくなので、初歩の初歩から……
近代史を児童向けにまとめた絵本があるので、持ってきます。
少々お待ちくださいね。

Moren: And here we are. Would you like to pull up a chair? Make yourself more comfortable? …Ahem, on with the lesson, then.

モーレン : お待たせしました。
それでは、いかにして世界が今に至ったか、
お話しいたしますね!

Moren: A hundred years ago─or near enough not to matter─villains known as the Warriors of Light slew the Shadowkeeper, the steward of Darkness.

モーレン : およそ100年前のこと……。
「光の戦士」と呼ばれる大罪人たちが、
世界の闇を司る、「影の王」を殺してしまいました。

Moren: In the wake of this tainted deed, Light began to pour into the world as if from unseen cracks. It pooled and swelled without cease, until the day an enormous, blinding wave rose up and swept across our star.

モーレン : するとまもなく、どこからともなく光があふれだし、
巨大な波となって、世界を呑み込みはじめたのです。

Moren: We called this calamity the “Flood of Light.”
Everything it touched was leeched of life and vigor, leaving naught behind but a luminous wasteland.

モーレン : これが「光の氾濫」と呼ばれる災害……。
呑み込まれてしまった場所は、生命が存在することのできない、
まっさらな無の大地になってしまいました。

Moren: Yet just when it seemed that all would be lost, a savior appeared before us…

モーレン : ついに世界の9割が呑み込まれ、
波が、最後に残ったここ「ノルヴラント」の地に迫ったとき、
人々の前に「光の巫女」が現れました。

Moren: The Oracle of Light. She stood ‘twixt us and approaching doom, and by her power did she stay the Flood. Thus was Norvrandt, and Norvrandt alone, spared the fate of erasure.

モーレン : 巫女は迫りくる光の波をとめ、光の氾濫を収束させました。
こうして、ノルヴラントだけが消滅せずに残ったのです。

Moren: Tragedy would, however, arrive in another form. From the blasted emptiness descended horrors of strange and terrible aspect to bedevil the few folk who survived.

モーレン : ……しかし、悲劇は終わりませんでした。
無の大地から、ノルヴラントに向けて、未知の化け物……
「罪喰い」が侵入してきたからです。

Moren: These “sin eaters” were Light incarnate, and their fulgent presence stole the night from Norvrandt’s sky.

モーレン : 罪喰いが放つ、強い光の力によって、
ノルヴラントからは夜の闇が失われてしまいました。

Moren: Even now, they circle the remaining bastions of civilization, ever on the hunt for us, ever hungering for our flesh…

モーレン : そしてそれらは今も、残ったわずかな人類を喰らい、
脅かし続けているのです……。

Moren: …And thus did the world become what it is.
Should you ever wish to hear the tale again, I would be glad to retell it for you.

モーレン : 以上が、この世界の現状です。
もし復習したくなったら、いつでも僕にお声がけください。

Moren: O-Or if you would rather I speak of other matters, that too would be my pleasure! I should be glad of the company!

モーレン : それから……その……
今後は同じ街の仲間として、よろしくお願いいたします!

Szel Guanleu: We do get a fair amount of people coming by to observe or pet the amaro. They don’t mind, and neither do we─though know that if you stand around long enough, I will put you to work!

ゼル・グァンリュー : アマロってとってもお利口で、僕たちのこと乗せてくれたり、荷物を運んでくれるんだあ。かわいいでしょう、モッフモッフしたくなっちゃうでしょう!

Szem Djenmai: You are a visitor to the Crystarium? Feel free to wander the Rookery, but keep an eye on the amaro─some of them bite.

ゼム・ジェンマイ : 君は……旅人か?よければ、牧場をゆっくり見てまわるといい。

Halldor: Gods, would you look at them? Not a hard enough bastard in the whole lot…

ハルドル : どこかに強そうなヤツはいないものか……。

Xylle: Sorry, sinner, but my services are reserved for members of Clan Nutsy.

サイル : こちらはナッツクランの窓口です。部外者の方はお取引ください。

Lesthil: The Crystarium is home to those who choose to resist the Light and the ruin it threatens to bring. You have been invited into these walls, which means you are now one of us. May you ever find shade.

レスティール : ここは滅びに抗う者が集う街……立ち入りが認められた以上、君はもう我々の仲間だ。この街での生活が、良い反抗の日々となりますように。

Emythia: Are you in need of urgent care? No? Then I would appreciate if you would leave me to my duties. I am preparing a vital shipment of medicines to be sent to the outposts in Lakeland.

エミシア : 怪我人……ではなさそうね。レイクランドの各拠点へ送る、薬の配分を決めているの。悪いけど、急用じゃないならまたにしてくれる?

Chessamile: Yes, sweetie? Does something hurt?

シェッサミール : あらあら……うふふ……。どこか具合でも悪いのかしらぁ……?

Fae-Hann: If you’re feeling unwell, there are a variety of tinctures that may be of use… However, we’re running low on all but the most foul-tasting, I’m afraid.

フェー・ハン : おや、どこか調子でも悪いのかい?ふふっ……苦くてよく効く薬でもあげようか?

Pauline: One of the hardest parts of my job is convincing the patients here to stay until their wounds have fully healed. I swear, the other day I had to drag this man kicking and screaming back to his bed.

ポーリーヌ : 患者さんの中には、医療館嫌いな方もいて、完治していないのに、出て行こうとなさる方もいます。そんな患者さんを説得するのも私たちの役目なのですよ。

 Valthewyl: New to the Crystarium, you say? Are you perchance looking for gainful employment? You would be more than welcome to join our ranks at Spagyrics! We could always use a helping hand in tending to the sick and wounded.

ヴァルスウィル : 貴方……新しくこの街に来た人ですね?もし仕事をお探しなら、是非スパジャイリクス医療館へ!お手伝いだけでも是非! 是非!!

Rosard: Good day, madam. Here to feast your eyes on the impressive array of artillery here at Ballistics? A woman after my own heart, I see!

ロサード : おう、どうした兄ちゃん。バリスティクス造兵館の設備に見惚れちまったか?わかるっ、わかるぜぇ、その気持ち!!

Billfort: Hail, traveler. We are ever shorthanded in our struggle against the sin eaters. If you would not be disinclined, pray lend us your aid.

ビルフォート : この街は、罪喰いとの戦いで消耗が激しいため、いつでもどこでも、人手が足りません。旅人さんもよかったら手助けしてくれると、嬉しいです。

ピットリッグ : クリスタリウムには様々な種族の同志が生活している。現状に満足せず、皆にとって住みよい街となるよう、常に模索しているのだよ。

Crystal Exarch: The attunement worked as hoped, I trust? Any trouble finding my three colleagues?

水晶公 : 無事、エーテライトと交感できただろうか?その後、3つの施設を回ってきてほしい。

Crystal Exarch: Remember: starting from the aetheryte, go up the steps and to the north to find the Crystalline Mean, where Katliss awaits, or forgo the steps and take the north passage to reach the Cabinet of Curiosity, and Moren.

水晶公 : エーテライト付近の階段を上って、北側に出ると、「ミーン工芸館」がある。階段を上らずに、北側の通路を進むと「博物陳列館」だ。

Crystal Exarch: Exiting to the south of the aetheryte plaza, meanwhile, will bring you to the markets, overseen by Bragi. The order in which you visit them is entirely up to you, of course.

水晶公 : エーテライト・プラザの南側の出口は、街の市場「ムジカ・ユニバーサリス」に続いている。回る順番は、もちろんあなたの自由だよ。

Irill: I serve the Crystarium guard as quartermaster, overseeing deliveries of armaments to our numerous outposts all across Lakeland. If you have an eye for weaponry, I encourage you to visit Ballistics downstairs. You’ll find a most impressive arsenal of war machines on display.

イリル : 自分は衛兵団の一員として、武器や防具の搬出を担当しております!階下のバリスティクス造兵館は、もうご覧になりましたか?

Jesswren: Aether compasses? Why yes, I have distributed a fair few in the course of my duties.

ジェッスレン : こちらでは、風のエーテルの流れである、「風脈の泉」を感知できるコンパスを取り扱っております。

Jesswren: I believe this is the one you are searching for, though I would encourage you to take better care of it from now on. These things do not grow on trees, you know!

ジェッスレン : ……「風脈のコンパス」をお探しですか?すみませんが、そのような落とし物は、こちらへ届いておりません。

Aged Amaro Tamer: We have amaro for hire, if you’re interested.

老練のアマロ使い : いらっしゃいませ。こちらでは、「アマロポーター」のご案内をしています。

Aged Amaro Tamer: Actually, before I forget, let me add your name to our register. That way, you’ll be able to come back here any time you like.

老練のアマロ使い : このアマロ留のご利用は初めてですね?それでは、ここへ繋がるルートを利用できるよう、手配しておきましょう。

Frithrik: Do you have a request for the Facet of Fishing? To be honest, we’re having trouble filling orders, so I don’t think we’ll be able to help you at present. Sorry!

フリスリック : え、ええと……!漁業科になにかご用でしょうか……!?

Bethric: Oh, how I envy the amaro. In all of creation, no animal is so pure, so perfect… There is much we can learn from them.

ベスリク : あぁ……アマロという生物は誠に神秘的で、ロマンの塊……あなたも、そう思いませんか?

Katliss: Feel free to look around the workshops, but try not to distract the artisans. If they fall behind in their quotas, then everyone suffers for it.

カットリス : 工芸館の見学は自由だが、仕事の邪魔はよしておくれよ。みんなにも、あんたにも、必要な物が届けられなくなるからね。

Recording Node: <buzz> <buzzzzzz>

実録システム : ザザ……ザ……ザザ……

Iola: If this new merchandise fails, then the Bellows is done for. I have to make it work…

イオラ : 新商品開発が上手くいかなかったら、この工房は……。なんとか……なんとかしないとなぁ……。

Eismon: Right, something new, something new… I’m drawing a complete blank.

エイスモン : 困ったなぁ……。新商品と言っても、何を造ればいいのか……。

ロース : おう、旅人か、珍しいな。ミーン工芸館に用なら、館長のカットリスさんか、受付机を構えてる担当者に話を聞いてみな。

Scrip Exchange: I regret to inform you that we are not looking for new suppliers for the time being. However, should there be a change of circumstances, we may have reason to call on your services.

スクリップ取引窓口 : 申し訳ございません……。モーエン商会は、新規の取引を停止しております。またの機会に、お声がけくださいませ。

Eirikur: You dabble in trades? Could’ve fooled me. Are you sure?

エイリクル : リーヴに興味がある職人はいないものか……。

モイス : こちらは、リーヴカウンターだよ。仕事をくれる人も、職人さんも、どちらも大歓迎さ。

Shue-Hann: What ho, sinner! If you’ve a mind to take on a 〇〇 or two, talk to Eirikur here. He’ll brief you on what’s available.

シュー・ハン : よう、〇〇さん!ミーン工芸館リーヴに興味があるなら、隣のエイリクルの旦那に声をかけてくんな!

Eirlalth: You’ve a surplus of supplies for your next journey? If not, you’d do well to stock up before you depart. I speak from experience when I say better safe than sorry.

エイラース : よう、ご同輩、旅の準備は万全か?足りないものがあれば、この街で揃えていくといいぜ。

広域交易商 グラムソル : カーッ、準備中だぜ、コンチクショウ!

Eidith: This is where we store the various goods we’ve procured from across the land.

エイディス : いらっしゃいませ。ここで、方々から仕入れた商品を保管しているのですよ。

Cholline: Looking to exchange materia, are you? Then you have most certainly come to the right place!

コニール : おや、マテリアの交換をご希望ですか?それでしたら、歓迎いたしますよ。

Bragi: I didn’t point them out earlier, but I’m sure you’ll spot a Mystel, or another Ronso like me sooner rather than later. Even Viis like Captain Lyna aren’t that unusual in this city.

ブラギ : さっき紹介したほかに、俊敏なミステル族や、俺のようなロンゾ族、衛兵団のライナと同じヴィース族なんかも見かけるだろう。

Bragi: Aye, the Crystarium’s long been a sanctuary for all manner of refugees─except maybe the dwarves. Those lot prefer to keep themselves to themselves, in my experience.

ブラギ : クリスタリウムには、種族を問わず、難民が集まってきているからな……。さすがに、あのドワーフ族は滅多に見かけないが……。

Julstan: Welcome! Why not peruse the wares before you go?

ユルスタン : いらっしゃい!そこのあなた、よかったら何か買っていってよ!

Cyella: Welcome to your home away from home, the Wandering Stairs, where we serve the finest ale you’ll find this side of the Crystarium. Courtesy of the Facet of Nourishing, of course.

サイエラ : いらっしゃいませ、ようこそ「彷徨う階段亭」へ。当店の自慢は、なんといってもクリスタリウム製の麦酒!食薬科の料理人が腕をふるった料理も、美味しいですよ。

Mei-Tatch: I tell you, Glynard’s too nice for his own good. Letting regulars run up tabs and holding off on calling in debts. This is a business, not a charity…

メイ・タッチ : ここの、マスターは情にもろくてね。そこに付け込まれて、よく客にツケで飲ませちまうんだ。まったく、こちとら客商売なのにねぇ……。

Darlfort: To my right, you can see our brewing facilities─my pride and joy! Here, we brew a variety of potent potables from all manner of fruits and grains grown right here in the Crystarium! So, what’s your poison?

ダールフォート : 私の右手にある、酒造設備をご覧ください。クリスタリムで採れた果実や穀物で酒を醸造しているのですよ。あなたも、一杯いかがですか?

エイラース : よう、ご同輩、旅の準備は万全か?足りないものがあれば、この街で揃えていくといいぜ。

イルスゴル : ちょっとそこの君、君はアレを見てないかい?どうやら、どこかに紛れてしまったようなんだ……。アレってもちろん、アレだよアレ!

博物陳列館前

Melboth: This is the Whispering Gallery. As you can plainly see, we are in the midst of an important discussion. Pray keep your voice to…a whisper.

メルボス : ここは自由弁論館さ。会議をしているときは、どうか静かに頼む。

Leinneil: Do you not find it inspiring that all of the plants and trees here survived the Flood of Light? Mayhap you would be interested in joining our study group!

レイニール : なぁ、「光の氾濫」を生き延びた植物、というものに、君はロマンを感じるかい?同志ならば、ぜひ一緒に研究員として働かないか?

Yalard: Wondering what this tree’s story is? So are we all, truth be told! It does not appear to be native to Lakeland, and yet we can find no records of it in any extant reference book. It’s a mystery, but a beautiful one if you ask me!

ヤラード : この樹がなんの樹か、気になるかい?レイクランドに自生する樹とは違う種類のようだが、過去の文献が散逸していて詳細不明の、謎の樹なんだ。

Uilmet: Did you know that a massive subterranean water vein runs beneath the Crystarium? Not only does it provide us with pristine water for drinking and growing crops, but we can even make use of it to deliver goods to nearby outposts.

ウィルメ : 地下水を汲み上げているから、この街はすごく水が豊富なんだよ!安全な屋内で作物を育てることができたり、地下水道で物資の運搬をしたりと、とても便利なの!

Yalana: Well met, traveler. You’ve come to the Hortorium, the Crystarium’s center for agricultural research. We strive to improve our ability to grow crops by developing new fertilizers and cultivation techniques.

ヤラーナ : あら、旅人さんですか?こちらでは、クリスタリウムの食糧調達に貢献するため、肥料の改良や最適な土壌の研究を行っています。

Mao-Ladd: I’m working to improve the strains of fruit we grow. There’s nothing like a sweet and succulent morsel to lift the people’s spirits.

マオ・ラッド : クリスタリウムの人たちの、役に立ちたくて……僕はいま、みんなの心と体を癒すような、甘い果実の品種改良を進めているんです……!

Evelie: Welcome to the Hortorium. Here, we grow the majority of the fruits and vegetables consumed by the residents of the Crystarium. We also conduct research in hopes of cultivating new and improved strains.

エヴェリー : ここはホルトリウム園芸館よ。クリスタリウムの食糧を、限られた資源で賄うために、日々、栽培や品種改良を行っているの。

Evelie: I often frequent the Cabinet of Curiosity, that I might glean something from the farming techniques of our forebears. We are scholars, not soldiers, but we are fighting for the future in our own way.

エヴェリー : 博物陳列館にいる人たちは、過去から今を生きる知識を探り、我々は現在から未来へ、生き抜くすべを探求する……。武器は持てないけれど、研究者たちも戦っているのよ。

Rae-Qesh: Oh, hello. I’m reading a passage about the shoebill─a bird they say is possessed of a singular and supremely regal air. I must say, I’m finding it quite fascinating!

レー・ケシュ : ……「ハシビロコウ」をご存知でしょうか?何事にも動じない、王者の風格を兼ね備えた鳥らしいのですが……。資料で見かけてから、私はとても興味があります!

Bethden: I realize that it’s amazing to see so much of mankind’s knowledge in one place, but do try not to hurt your neck while taking it all in. I’d hate to have to send another person to Spagyrics.

ベスデン : 天井まで高く積み上げられた本棚……首が痛くなるでしょう?ここには、ありとあらゆる書物が集積されているんです。学術書から美術書、歴史書……それに、絵本の類までありますよ。

 Anthibert: Yes? Might I help you find something? With all the tomes stored on our shelves, I understand that searching for any one in particular can be a daunting task. Please let me know if I can be of service.

アンシベルト : 何か本をお探しですか?配置がわかりにくくて申し訳ありません……なにぶん量があるものですから、整理が追い付いていないのです。

Chantilde: The books on the shelves are free for any resident of the Crystarium to borrow─you need only put in a request. The basement archives, however, are restricted to all but authorized personnel.

シャンティルド : 書架に収められている本であれば、申請すれば、誰でも自由に借りることができますよ。地下の書庫には、職員以外立ち入れませんのでご注意を。

Moren: The contents of a book may be immutable, yet depending upon one’s perspective, the lesson one learns may be different indeed. In other words, I am very much in favor of revisiting a story one has already read!

モーレン : 本に記されている内容は変わりませんが、読み手の状況によって、受け止め方は変わるものです。つまり、復習は大歓迎ですよ!

再び水晶公のところへ

Crystal Exarch: Well, how did you fare? Did my colleagues help you form a clearer picture of this world and its people?

水晶公 : どうだろう、この世界のことについて、
皆の話は聞けただろうか……?

Crystal Exarch: Yes, it seems you were treated to a most thorough introduction. I understand it was something of a chore, but ‘twas necessary that you grasp these things before we proceed.

水晶公 : ああ、どれもそのとおりだ。
こちら側の状況を把握してもらえて、本当にありがたい……。

Crystal Exarch: As for the Crystal Tower’s origin, you may have noted that details were sparse. The structure is, in fact, the selfsame one you know from the Source, transported to the First in its entirety.

水晶公 : ちなみに、皆はクリスタルタワーがどこから来たか知らないが、これはもちろん、そちらの……原初世界から喚んだものだ。

Crystal Exarch: It was my first attempt at breaching the boundaries between worlds─something of a trial run for your eventual crossing. And although I do not know which era I tore it from, I do know that its arrival served to set the wheels of fate in motion.

水晶公 : あなた方の召喚に先駆けた、最初の試みだったから、
どこの時代から喚んでしまったのかさえ、わからないがね……。
この塔が来たことで、運命が大きく動き出したのだ。

クエスト『第一世界の街』City of the Firstより
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

終わりに

いかがだったでしょうか?

教科書を解いて勉強するとやはり内容が難しいとかの理由でやる気が出ない事もあります。英語学習はすぐに結果は出るものではありませんので、根気強く続けることが一番のポイントです。

ゲームの中で楽しく学習することで、「英語学習が楽しい」と感じると思います!案外大切なフレーズがたくさん隠されているのです。

少しずつ、コツコツと頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です