mustの意味と見分け方、使い分けを勉強しよう~5.0#14より

ゲームで楽しく英語を勉強してみませんか?

このサイトではオンラインゲーム・ファイナルファンタジー14で英語の勉強をしています。今回はその中の漆黒のヴィランズ5.0#14「動かない潮」の1シーンを使って英語を学んでいきましょう。

クエストを振り返りたい方は後半にセリフがありますのでご覧ください。

mustの意味とイメージ

まずは、下記のアルフィノくんのセリフをみてください。

And poor Tataru─she must be sick with worry.
We must endeavor to return as soon as we may…

それに、タタルにも、ずいぶん心配をかけてしまったようだ。
どうにかして、みんなで無事に帰らなければ……。

ここで注目していただきたいのがmustです。

このセリフの中にはmustが2回出てきますが意味はそれぞれ異なります。

そこで、今回はmustについて詳しく解説していきます。

mustの意味

mustには大きく分けて4つの意味があります。

  1. ~にちがいない(強い確信)
  2. ~しなければならない(義務)
  3. ~してはいけない(禁止)
  4. 是非~すべき (強い勧め)

どれも少し強い表現に感じますよね。

このようにmustには強い圧力がかかっているようなイメージがあります。

ではここからは、それぞれのmustの意味と例文を見ていきましょう。

①~にちがいない(強い確信)

はじめにご紹介したセリフ内で1つ目に出てくるのが、このmustです。

「もうそれ以外はない!」と90~100%程の確信を得ているときに使う表現です。

You must be kidding! 

「冗談でしょう!」

It must be true. 

「それは本当に違いない。」

②~しなければならない(義務)

こちらは、はじめにご紹介したセリフの2つ目のmustです。

「どうしてもやらなければならない」という義務感があります。

相手に使う場合は、命令文と同じ程の強い表現となります。

I must get back home by ten.

「私は10時までに家に帰らなければいけません。」

You must apologize to her. 

「君は彼女に謝らなければいけないよ。」

③~してはいけない(禁止)

mustnotがつくことで、「ダメだ!」ということを強く押し付けた表現となります。

You must not be late.  

「遅れてはいけません。」

You mustn’t tell. 

「口外してはいけません。」

※must notが省略されたかたちです。最初のtは発音せずに、マスント(マにアクセントを置く)と発音します。

④是非~すべき(強い勧め)

相手にとって「良い!」と思うことを強くお勧めしているイメージです。

海外からの観光者にお勧めの場所を紹介するときなどに便利な表現です。

You must read it. 

「それは読むべきだよ。」

You must visit Universal Studios Japan. 

「是非ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行くべきだよ。」

mustのまとめ

英単語などを覚えるときには日本語での意味を覚えることと同時に、その単語が持つ感覚やイメージを掴むことも大切です。

mustが出てきたら、強い圧力がかかっているというイメージを大事にしてください。

FF14漆黒#14「動かない潮」のセリフで英文を読む練習をしよう

今回学習の題材としたパッチ5.0漆黒のヴィランズ・メインクエスト#14『動かない潮(英語版タイトル :A Still Tide』のセリフを使って英文を読む練習をしてみませんか?

リーディング力を伸ばすことは語彙や表現方法を増やし、文法力、理解力もつくので英会話の基礎づくりにおすすめです。

※日本版のセリフと個人的に調べた英単語は必要に応じた際にチェックできるよう アコーディオンで伏せております。(クリックでご覧になれます)

※ストーリーに関する記事になります。ネタバレを避けたい方は、記事をストーリークリア後にお読みください。

※日本版は記載された英文の和訳ではありません。ローカライズされているため、参考としてご覧ください。

A Still Tide

Szem Djenmai: …If you head south along the coast, you will eventually come to a fisherman’s shack.

eventually  ɪvéntʃuəli
結局は、ついに(は)、やがて(は)

shack  ʃˈæk
掘っ建て小屋

ゼム・ジェンマイ : いいかい……?
この海岸を南に進んでいくと、小さな漁師小屋がある。

Szem Djenmai: A friend of the Crystarium lives there─a man who goes by the name of “Eybor.”

ゼム・ジェンマイ : そこにいる「エイボル」という男は、
クリスタリウムの協力者なんだ。


Szem Djenmai: Eybor keeps an eye on everything that happens in Kholusia, and will be able to point you in the right direction.
Just hand him a sprig of thyme─that will let him know you can be trusted.

sprig    
小枝、若枝

ゼム・ジェンマイ : 合図として香草の「レイクランドタイム」を渡せば、
この島に関する情報を提供してくれるはずだ。
もちろん、君の探している仲間についてもね。


Szem Djenmai: Here─this should be enough. Find your friend.
I will stay here with the amaro until you are ready to return.

ゼム・ジェンマイ : さあ、これが「レイクランドタイム」だ。
君が目的を果たしてくるまで、私はここでアマロと待つよ。
……幸運を、ご同輩。

南の漁師小屋へ

Eybor: What you after? Fish? Crab?
Think I’ve got an eel in a barrel somewhere, if you’ve a taste for ‘em…

barrel   bˈærəl
(胴のふくれた)たる、1 たる(分)、1 バレル(の量)、(ものの)胴体

eel   íːl
うなぎ

エイボル : ……なんだお前は?
魚でも買いに来たのか?


Eybor: Ooh, I do love a bit of thyme. Chuck some in the pan, and it’s like a bloody festival of flavor.

エイボル : なるほど……。
こいつは頂戴しよう。
久々に、焼き魚にも色気が出そうだ。


Eybor: …Now what is it I can do for you? Can’t say as there’s been any major upsets to report these past few weeks.

エイボル : ……で、何について聞きたいんだ?
ここのところ、たいした異変はなかったと思うが。


Eybor: Alphinaud, eh? Aye, I know the one. Our young champion of the downtrodden.

downtrodden
踏みにじられた、しいたげられた

エイボル : ああ、アルフィノを探しに来たのか。
もちろん知ってるぞ。
最近では「お手伝いのエキスパート」として有名になってる。

Eybor: Eulmore’s richer than all of Norvrandt put together, but it’s a different story for them as live outside the city.
Most spend every wakin’ moment just tryin’ to stay alive─which makes your friend’s dedication to helpin’ others stand out all the more.

dedication dèdɪkéɪʃən
献身、専念、奉納、献納

stand out
目立つ、際立つ、すぐれている、(他が屈しても)あくまでがんばる

エイボル : ユールモアの都市内はともかく、ここいらの村は貧しくてな……
自分が生きるので精いっぱいって奴が多い中、
すすんで他人に声をかけて回ってる、変わり者だよ。

Eybor: Aye, I can hazard a guess as to where he is now, get a message to him.
But you’ll need somewhere quiet to meet, away from pryin’ eyes…

hazard hˈæzɚd
危険を冒す,…を賭ける、…と思い切って言ってみる.…を運任せにやってみる
危険、冒険、偶然、運、運任せ、障害地域

prying
のぞく、(無礼でおせっかいを焼く)せんさく好きな

エイボル : 今いる場所にも見当がついてるし、連絡は取ってやる。
……が、怪しまれないよう、会うのはほかの場所にしてくれ。

Eybor: Make for Stilltide─that’s the fishin’ village just up the path there. You’re lookin’ for a rundown excuse for a tavern the locals call the Leaky Keel.
Wait there, and I’ll see that Alphinaud joins you.

excuse
容赦する、許す、勘弁する、(…の)言い訳をする、弁明をする、(…の)弁解になる、免除する

tavern
居酒屋、バー、宿屋、はたご屋

rundown
縮小(化)、衰退、概要(報告)

エイボル : ここから北に進むと、「スティルタイド」って漁村があって、
「穴あき小舟亭」っていう寂れた酒場がある。
そこで落ち合えと、アルフィノに伝えておこう。

Eybor: Get yourself to the Leaky Keel in Stilltide. I’ll let Alphinaud know someone’s waitin’ for him.

エイボル : アルフィノには、ちゃんと伝言をしておく。
スティルタイドの村にある「穴あき小舟亭」で待っててくれ。

Arnar: Greetings, stranger. You here to stay, or just passing through?

アルナル : よう、こんな寂れた村に旅人なんて珍しいな。
俺でよければ、何でも聞きな。


Arnar: Until recently, I would’ve called myself a fisherman. Now, though, I seem to be in charge of organizing our catch for the buyers from Eulmore.

アルナル : 俺はこの村で漁師をやってる、アルナルだ。
つっても、最近じゃ獲れた魚をユールモアの卸売りに渡すために、
簡単な管理を任される方が多い。


Arnar: Those free citizens are a particular lot, see, and they’ll pay good coin for any exotic fish we reel in─not that our profits amount to much in the end.

アルナル : ユールモアの自由市民たちの需要は様々さ。
味が良くて珍しい魚が獲れれば、高く買い取ってもらえるんだ。
まぁ、それでも売り上げなんざ雀の涙だがな。


Arnar: I imagine before the Flood, we’d have had the whole ocean to trawl… With the way things are? Some days we struggle just to fill our own bellies. But be that as it may, I mean to live here until the day I die.

アルナル : 「光の氾濫」で、魚が獲れる海域は、ほんのわずかに残ったばかり。
自分たちの食糧を確保するのに日々精一杯さ。
だけどな……この海とこの村が、俺は好きなんだよ。


Arnar: Well, Stilltide’s mostly a home for fishermen to come back to─somewhere to sleep and drink bad liquor.

アルナル : この村は「スティルタイド」。
俺みたいな漁師たちが暮らす村さ。


Arnar: The name comes from how the Flood has frozen the outer seas, and turned the tides here all sluggish and slow…or so I’m told.

アルナル : 「光の氾濫」で外洋がやられちまったせいで、
潮の動きが鈍くなっちまったらしいんだが……。
波のない海ってことで「スティルタイド」と名付けられたんだと。


Arnar: No few folk have chased their dreams to Gatetown, hoping for a spot in Eulmore. The rest of us, though, we’d rather starve than stoop to begging from lords and ladies.

アルナル : ユールモアへの移住を夢見て、ゲートタウンに向かう者もいた。
だが、物乞いになんて、落ちぶれるもんかって、
俺たちは踏ん張ってきたのさ。


Catty: Aye, I think we’ve got enough for the moment. Fish keeps us healthy, see, and everyone needs to eat their share!

キャッティー : 漁師たちが獲ってきてくれる魚は、私たちの貴重な食糧よ。
みんなで大切に食べないとね。

Theva: Yes, dear? Buy a drink or out you go. The seats are for paying customers.

セヴァ : あら、なぁに?
注文しないなら、冷やかしはやめて頂戴ね。

スティルタイドの穴あき小舟亭 へ

Theva: This your first time in a tavern? It’s customary to buy a drink if you mean to loiter. What’ll you be having?..

loiter
道草を食う、ぶらぶら歩く、ゆっくり時間をかけて旅行する

セヴァ : ……ちょっと、どうしてそこに突っ立ってるのよ。
ここは酒場なんだから、居座るなら1杯頼んで頂戴?

選択肢

①エール
②蜂蜜種
③水

選択肢①

Theva: A fine choice.
And what’ll you be paying with?

セヴァ : はいはい。
ちなみに支払いは何で?


Theva: Well now…those are exotic.
Where did you come by coins like that?

セヴァ : ……なぁにそれ、見たことない硬貨ね。
いったいどこから持ってきたのよ。


Theva: I’m sorry, dear, I don’t doubt they have value…
But I don’t have a touchstone to test their purity, and I’m not about to go begging for one from the neighbors─so we’ll just have to come to some other arrangement.

touchstone
(真価などを試す)基準、試金石

purity pjˈʊ(ə)rəṭi
純粋、清浄、清潔、清廉、潔白、(文体・語句の)正格、純正

セヴァ : 生憎うちには、価値を測る試金石がないから、
それがいくら相当か、わかんないの。
参ったわね、支払えない客から注文は取れないし……


Theva: Ah, here’s an idea… There’s a common to the north where we grow our vegetables, but lately the pests have been eating more of them than we have. What do you say to bit of extermination work?

lately léɪtli
最近、近ごろ

extermination
根絶、絶滅、皆殺し、駆除

セヴァ : ああ、そうだ……代わりに働いてよ。
村の北に、「ガバナーの畑」って共同菜園があるの。
近頃、害虫がひどいみたいだから、行って駆除してもらえる?


Theva: I want you to squash any vermin you find, then visit the caretaker and give him an earful from me for sleeping on the job.
He’ll be in the old silo next to the fence─snoring, like as not.

squash skwάʃ
ぺちゃんこにする、押しつぶしてする、押し込める、封じ込める、鎮圧する、黙らせる、やり込める

vermin  vˈɚːmɪn
害虫、害獣、社会の害虫、人間のくず

earful  íɚf`ʊl
お小言、お目玉 たくさん(の話、ゴシップ)、うんざりするほどの話

silo
サイロ、地下ミサイル格納庫

セヴァ : おわったら、畑のわきに住んでる管理人に、
ちゃんと虫よけするようにって苦情を入れてやって。
元はサイロだった建物だから、見ればすぐわかるわ。


Theva: Do that for me, and you can laze about here as long as you like.

セヴァ : それがおわったら、いくらでも居座ってもらっていいわよ。


セヴァ : 北にある「ガバナーの畑」に行って、害虫を駆除してほしいの。
おわったら、近くに住む管理人に、苦情を入れてやって。

ガバナーの畑で害虫駆除

You hear a faint squeaking from the room beyond.
Time to burst in and save the day, brave adventurer!

squeak
チューチュー鳴く、キーキー声で話す、キーキー音を立てる、きしむ、密告する、告げ口する

中から微かに、何かの鳴き声が聞こえた気がした。
思い切って、扉を開けてみよう・・・。

・・・No one is home, and judging by the lack of furniture, they haven’t been for some time.
The gnawed scraps of vegetables on the floor suggest rats have taken up residence in their absence.

gnaw  nˈɔː
ガリガリかじる、(…を)かじり減らす、かみ切る、(…を)かじってあける、かじって(…に)侵入する、絶えず苦しめる、悩ます

take up
(…を)取り上げる、手に取る、(…を)上方に連れていく、(乗り物に)乗せる、吸収する、溶解する、取る、ふさぐ、要する、奪う

・・・室内に人の姿はない。
家財も持ち去られているようだ。
わずかに残された野菜屑を、鼠が食んでいた。

再びセヴァの元へ

Theva: Welcome back, dear.
What did that good-for-nothing caretaker have to say for himself?

セヴァ : おかえりなさい。
どう? 管理人、ちゃんと反省してた?


Theva: …Gone? Hmph.
Must have left to join the rest of the hopefuls.

セヴァ : ……そう、いなくなってたんだ。
あの人もついに、ユールモアを目指して行っちゃったのね。


Theva: …In Gatetown. Outside Eulmore? You don’t have a clue what I’m talking about, do you. And there I was thinking you were another dreamer.

clue    klúː
手がかり、糸口

セヴァ : あら、わからないって顔ね。
私てっきり、あなたもユールモアへの移住希望者かと……。


Theva: Well, never mind all that. Take a seat wherever you like, dear, you’ve more than earned it. I’ll even throw in another drink, on the house.

セヴァ : まあ、この際なんでもいいわ。
仕事は十分にしてもらったから、どの席でも好きに使って頂戴。
一杯だけ、サービスで出してあげる。

アルフィノとの再会

音声カットシーン


???: And how is business today, Mistress Theva?

???? : やあ、調子はどうだい?

Theva: Oh, frenetic. Look. I have a new customer.

frenetic   frənéṭɪk
熱狂的な、逆上した

セヴァ : いらっしゃい。
今日はすごいわよ、よそのお客がひとり来てるわ。


Alphinaud: …’Tis good to see you, my friend.

アルフィノ : ……久しぶり。
待たせてしまって、すまなかった。

Tis good to see you, my friend.
Alphinaud: The barley seeds you wanted. They should produce a better harvest than the last.

barley   bάɚli
大麦(の実)

アルフィノ : 頼まれていた、麦の種だ。
以前のものよりも、多く実るだろう。

Theva: What, just like that?
Oh, Alphinaud, you really are a dear.

セヴァ : あら、よく譲ってもらえたわね。
さすがアルフィノ……助かるわ。

Theva: Well, I’d best be tidying up some of those empty shacks before the pests move in. Keep an eye on the place while I’m out, eh?

tidy up
整える、調える、斉える、片付ける、片づける、きれいにする、整頓する、きちんとする、後片づけする

tidy  tάɪdi
きちんとした、こぎれいな、きれい好きな、整然とした、かなりの、なかなかよい

セヴァ : それじゃ、あたしは、
増えちゃった空き家の片づけでもしてこようかしら。
ここは、好きに使ってちょうだい。

Alphinaud: It seems an age since last we spoke. Not since the prisoner exchange in Doma. And Yotsuyu…

アルフィノ : とてもひさびさに、君と会えた気がするよ。
ドマで捕虜交換があったとき以来か……。


Alphinaud: It has been even longer for me, of course, if you count the days I have spent here. But the time has only added to the relief I feel, seeing you safe and well.

アルフィノ : 私の方は、こちらの世界に来てから、
少し時間が経っているからね。
本当に……元気そうで、何よりだ。

①Me? I was more worried about you.
②We thought we’d lost you.

①それはこっちの台詞
②苦労して捜したんだ

Alphinaud: Hah! Alisaie said much the same thing.
I don’t think I’ve ever had such a scolding.

scold  skˈəʊld
(うるさく)しかる、(がみがみ)小言を言う

アルフィノ : はは……。
こっちで再会したアリゼーからも、そう言われたよ。
あんなに怒られたのは、久々だ。


Alphinaud: But I believe an exchange of news is in order.
Come─tell me of your arrival, and all that came before!

アルフィノ : 改めて、それぞれの無事を祝そう。
そして、互いがここに至った経緯を、交換しないかい?

Alphinaud: I see. Both the Exarch and Alisaie told me what they knew of events, but I had stubbornly clung on to the hope that all-out war might yet be avoidable…

stubbornly
どこまでも、頑なに

cling   klíŋ
…にくっつく、くっついて離れない、ぴったりつく、…にしがみつく、すがりつく、
抱き合う、…に執着する、愛着をもって離れない、…にしみこむ、ついて離れない

アルフィノ : なるほど……。
水晶公やアリゼーからも事情を聞いてはいたが、
やはり、帝国との戦争は……。


Alphinaud: And poor Tataru─she must be sick with worry.
We must endeavor to return as soon as we may…

アルフィノ : それに、タタルにも、ずいぶん心配をかけてしまったようだ。
どうにかして、みんなで無事に帰らなければ……。

Alphinaud: ‘Twould be nice to bring her good tidings for a change.

tidings   tάɪdɪŋz
便り、通知、音信、消息

アルフィノ : 埋め合わせに、いい報せをたくさん持ってね。

Alphinaud: But before we bid this world farewell, we must first ensure that it is not rejoined to the Source. We must prevent the Eighth Umbral Calamity.

アルフィノ : そのためにも、原初世界と第一世界の統合……
第八霊災が発生するという可能性を、見過ごせない。

Alphinaud: Urianger’s vision of the future has, I fear, every chance of coming true.

アルフィノ : ウリエンジェが視た未来を、
私は、本当に起こり得るものだと考えている。

Alphinaud: By his description, the catalyst for the Calamity was a formless and deadly weapon employed by the Garlean Empire.

description
記述、叙述、描写、(物品・計画などの)説明書

formless
解説のない、無定形の、秩序だっていない、混沌とした

アルフィノ : 彼の証言によれば、
原初世界において第八霊災のきっかけとなったのは、
帝国が使った、姿なき死の兵器だったらしい……。

Alphinaud: Which can only mean one thing: Black Rose.
Gaius was telling you the truth. When we were on the trail of the Ascians, we saw evidence that the gas was being manufactured once more.

trail
引きずった跡、通った跡、痕跡、船跡、航跡、臭跡、(捜索などの)手がかり

manufacture
(機械を使って大規模に)製造する、捏造する、でっちあげる

アルフィノ : 間違いない、「黒薔薇」という毒ガス兵器だ。
私は、ガイウスとともに各地を巡っていたときに、
その再開発が進められているのを見た。

Alphinaud: Gaius was adamant that the project had been scrapped. But so long as there are wars to be waged, there will always be those determined to win by any means.

adamant   ˈædəmənt
断固とした、(…に)負けないで、譲らなくて、断固としていて、断固主張して

wage
戦争闘争を遂行する維持する行なう

アルフィノ : ガイウスはそれを、かつて廃棄した研究だと言った。
しかし、人の争いが絶えないかぎり、
一度生み出された兵器は、完全に消えることはない……。

Alphinaud: And thus simply destroying the existing stores of Black Rose would do little to alter fate’s course.

alter   ˈɔːltɚ
…を部分的に、変える、改造する、去勢する

アルフィノ : 原初世界で、今ある「黒薔薇」を破棄するだけでは、
完全な問題解決にはならないのだ。


Alphinaud: In that sense, our involuntary journey here to the First was something of a boon.

involuntary   ìnvάləntèri
思わず知らずの、無意識な、何気なしの、故意でない、不本意の

boon
恩恵、利益

アルフィノ : ……そういった意味で、
私たちが第一世界に喚ばれたのは、幸運だったんだ。

Alphinaud: Together with the Exarch, we’ve developed a theory as to how we believe the Rejoining will be set in motion.

アルフィノ : 私たちと水晶公の知識を合わせることで、
世界の統合が起こる真の条件が、ある程度見えてきた。

Alphinaud: I am sure Urianger himself will cover the subject in more detail…

アルフィノ : 詳しくはいずれ、ウリエンジェ本人が話すだろうが……

Alphinaud: But I can tell you the process requires that both worlds─the Source and the First─be facing an existential threat.

  • facing
  • (壁などの)化粧(仕上げ)、化粧面、襟章、袖章

アルフィノ : 世界の統合は、する側とされる側、
両方が重篤な危機に直面することで発生する。


Alphinaud: One being sin eaters, of course.

アルフィノ : そして、ここ第一世界側の危機と言うのが、
「罪喰い」の問題なんだ。


Alphinaud: They are a menace that I would dearly love to remove, and not just to avert a calamity.

menace   ménəs
脅迫、威嚇、脅し、危険なもの、やっかいな人、困り者

avert   əvˈɚːt
そむける、そらす、避ける、防ぐ

calamity   kəlˈæməṭi
大きな不幸、惨事、悲惨(な状態)、惨禍

アルフィノ : だから、私はこれを解決したい。
それに……。

Alphinaud: I may be a stranger to this world, but I will not stand idly by and let innocent people be slaughtered.

idly   áɪdli
何もしないで、遊んで、ぼんやり、むなしく

slaughter   slˈɔːṭɚ
畜殺、屠殺、虐殺、殺戮、完敗

アルフィノ : たとえそれが、自分の生まれた世界のことでなくたって。
目の前に苦しんでいる人がいるのを、
見なかったことにするなんて、嫌なんだ……!


Alphinaud: That is what brought me to the gates of Eulmore.
Ignoring its pretentions as a kind of capital city to what remains of the world, it is nonetheless a center of power and authority.

アルフィノ : そのための足掛かりとして、
世界政府を自称し、事実大きな権力を持つという都市、
「ユールモア」を知ろうと思ったんだ。


Alphinaud: If any solutions are to be found, I believe our search should begin there. What say you, old friend? Hungry for another adventure?

アルフィノ : これからすべきことを、定めるために……
よければ君にも同行してもらいたいのだが、どうだろうか?


Alphinaud: And so we take to the road once more!

アルフィノ : 嬉しいよ……久々に、君と旅ができる。
改めて、こちらでもよろしく頼む。

音声カットシーン終わり

クエスト「動かない潮」より
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

終わりに

いかがだったでしょうか?

教科書を解いて勉強するとやはり内容が難しいとかの理由でやる気が出ない事もあります。英語学習はすぐに結果は出るものではありませんので、根気強く続けることが一番のポイントです。

ゲームの中で楽しく学習することで、「英語学習が楽しい」と感じると思います!案外大切な英会話表現がたくさん隠されているのです。

少しずつ、コツコツと頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です