モーレン殿のいる博物陳列館の場所・道案内 

漆黒のヴィランズ、メインクエスト2つ目『第一世界の街(City of the First) 』。 クリスタリウム という街に着き、街の散策と様々な情報を得るクエストですが、クエスト内でモーレンに会うことができず迷子になる方がいらっしゃったようなので記事にしてみました。

モーレン殿のいる博物陳列館へのアクセス

クエストでは水晶公さんより街の中にいる顔役と話し、この世界についての話題を集めるよう提案を受けます。そこで巨大な書庫 「博物陳列館」のモーレン殿に会いに行くことに。

クリスタリウムは迷子になる

しかし、彼に会うのに迷ってしまいました。マップ北側の博物陳列館 という場所にいらっしゃるらしいのですが、1階?から行っても2階から行っても行き止まり。

同じように悩んでいる方も複数見かける・・。

クリスタリウム博物陳列館へのアクセス

上記のマップのようにエーテライトから↑に向かって進むと、地下へ行ける道がありました。そこを進むと博物陳列館方面に行けるのですね。難しい。

クリスタリウム博物陳列館へのアクセス

上記画像の赤丸、エーテライトから北側の入口。
きっと他にも徘徊する人がいると思うので一応記載です。

やっとの思いで話すことのできたモーレン殿。

モーレン殿

光の氾濫によって多くの土地や命が失われ、 あまたの知識も失われてしまったが、彼たちはさらなる知の喪失を防ぐため、活動しているようです。

おどろくモーレン殿

彼からはいかにして第一世界が居間に至ったかを教えてもらえます。

  • 約100年前、 光の戦士と呼ばれる「大罪人」たちが、 世界の闇を司る、「影の王」を殺してしまう。
  • すると光があふれだし、 巨大な波となって、世界を呑み込みはじめた。呑み込まれてしまった場所は生命が存在することのできない、 まっさらな無の大地
  • 世界の9割が呑み込まれ、最後に残ったここ「ノルヴラント」の地に波が迫ったとき、人々の前に「光の巫女」が現れた。
  • 巫女は迫りくる光の波をとめ、光の氾濫を収束させた。
    こうして、ノルヴラントだけが消滅せずに残った。
  • しかし、未知の化け物 「罪喰い」が侵入してきた。 罪喰いが放つ、強い光の力によって、 ノルヴラントから夜の闇が失われてしまう。
  • そしてそれらは今も、残ったわずかな人類を喰らい、 脅かし続けている。

ということで、#2『第一世界の街』クエストでモーレンのアクセスに関する記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です