FF14漆黒「ノルヴラントを渡る者たち」 から見る役立つフレーズ

大人気オンラインゲームFF14で英語を勉強する記事です。

今回はFF14漆黒のヴィランズ3つ目のクエスト「ノルヴラントを渡る者たち」の中のセリフから役立つフレーズを学習しようと思います。

役立つフレーズ

Pray keep that in mind.

keep (that) in mind: 気に留めておく、覚えておく

日常から非常に使いやすいフレーズとなります。「覚えておく」という意味を見ると、覚えるだからrememberを思い浮かべる人は多いかと思います。

しかし、rememberはすでに記憶している、覚えている状況に使用します。一方でkeep in mindはこれから記憶し続ける、気に留めておくのように、未来のような意味合いを持ちます。

That said, we seem to be entering a period of near-equivalence,

near-equivalence:ほぼ同等

みなさんは「near-」の単語を見たことはありますか?もちろんnearの意味はみなさんご存じだと思います。「近い」という意味ですね。

「near-」は非常に便利なフレーズです。後ろに名詞を持ってくると「ほぼ~」という意味に変化します。もちろん「almost」を使用して「ほぼ~」と表現する事は可能ですが、一つ覚えておくといいと思います!

As for your companions, however…

as for~: ~に関する限り、~はどうかと言うと

こちらのフレーズは文頭によく見られます。意見を言う前に「As for me, ~」と使用します。

「私は~だと思うんだよね。」のように自分の意見を言う際はasを省略し、「For me, ~」と話すと聞きても今から意見を言うのだなと分かり、聞く態勢を取ってくれやすいです!

asの省略は、話言葉に多くみられます。メール文等で書く際は、asもしっかり書くとよりフォーマルでしょう。

our efforts met with little success.

(efforts) meet with~: ( )は~をもたらす

こちらは暗記必須のフレーズです!

多分意味を知らないと、meet withと見れば真っ先に「会う・・・?」と頭に浮かんでしまうと思います。

また、頻繁に見られるのは本文にある「efforts met(meet) with (little) success」のような文章です。訳は、「努力は成功をもたらす」となります。この文章と訳を丸暗記して、覚えると自然とフレーズが頭に入ると思います!

What Urianger saw…was the future

what S V: SがVする事、SがVするもの

この構文を使用する際は、whatの後ろは必ず不完全な文章になる事に注意してください。S Vで終わっている事が分かりますよね?

Vの後ろに目的語のOがありません。もしこのような語順が見られた場合は、「SがVする事、SがVするもの」と訳します。

文中に「What Urianger saw…was the future」と出てきたように、間に「…」等が挟んでいる場合もあります。会話文であればなおさらです。しっかり注意しながら読み進めていきましょう!

Nor have their efforts been in vain

nor 倒置法:そしてまた~ない

norを文頭で使うと倒置がおきて、Sの前にVがきます。(norに限らず、否定語が文頭に来る場合は倒置が起きます。)

Meanwhile, I promise I will not rest until・・・

meanwhile: 一方で、同時に、その合間に

meanwhileは大きく分けて3つの意味があります。前の文章との関係やそのあとに続く文章を見て的確な訳をできるようにしましょう!

What say you?

What say you?: あなたはどう思いますか?

みなさんはこちらのフレーズはご存じでしたか?ネイティブが使うフレーズになります。「What say you?」は「What do you say?」の省略ですが、意味は「What do you think?」のような訳になります。

スラングの一種とされているので、試験問題等には見られないフレーズかもしれません。外国人(特にネイティブ)と会話する際に、耳にする場面が出てくるかもしれませんね。

「What you say?」と聞かれれば、しっかり意見を述べましょう!

While it’s being prepared, perhaps I can show you around?

show (you) around: ( )を案内する

「I will show you around.」は一文丸々暗記する事をおすすめします!非常に良く出てくる文です。試験問題であっても、会話文に多く見られます。(学校案内等の場面で見られます!)

意味を一つ一つ知っていても組み合わさると違う訳になるのが英語です。showは見せる、aroundは周り、組み合わせて「周りを見せる=案内する」となるのです。

「周りを見せましょう」と訳しても完全に0点ではありません。しかし、日本語訳を見た時に、自分が日本語で言うかな?と一歩立ち止まって考えてみて下さい!
そうするとよりスキルアップしますよ!

終わりに

いかがだったでしょうか?

オンラインゲームでは日常ではあまり使われない言葉もありますが、中には英会話で使えるフレーズや表現もたくさんあるんです。楽しみながら覚えていくのにおすすめです。

以上、FF14「 ノルヴラントを渡る者たち 」 からの頻出フレーズでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です