メインクエスト漆黒5.0#37「だってここは茸窟」FF14英語版のセリフで勉強しよう(ネタバレ注意)

FF14漆黒のヴィランズ・メインクエスト#37『だってここは茸窟(英語版タイトル :Spore Sweeper)』のセリフを使って英文を読む練習をしましょう。リーディング力を伸ばすことは語彙や表現方法を増やし、文法力、理解力もつくので英会話の基礎づくりにおすすめです。当サイトでぜひ試してみてください。

※ストーリーに関する記事になります。ネタバレを避けたい方は、クリア後にご利用ください。

※日本版のセリフと個人的に調べた英単語は必要に応じた際にチェックできるよう アコーディオンで伏せております。(クリックでご覧になれます)

Spore Sweeper

Ys Gyuf: Ah, to have so many men visit us at once! This is a joyous day indeed!

イス=ギュフ : あらまぁ!
ウリエンジェさん以外のヒトが来てくれるなんて、
いったいいつぶりかしら?


Ys Gyuf: If it please you, please give me your patronage. As my patron, I ask that you remove the noxious mushrooms that grow in our cave. Flamespores, they’re called.

イス=ギュフ : 久しぶりの旅人さん、よければお願いを聞いてくださらない?
この洞窟の中に生えてしまった、
危険なキノコ「フレイムスポア」を抜いてほしいの。


Ys Gyuf: We would tend to them with magicks, except they leave behind a harmful ash. We’ve no choice but to pluck them one at a time.

イス=ギュフ : 私たちは大抵のことを魔法で片づけられるけど、
あれは燃やすと毒の灰になってしまうから、
手で抜かなくてはいけなくて……大変なの。

Ys Gyuf: Now, you will be curious as to what I have to offer. I am a purveyor of wares that will aid you in your travels. In exchange for your fitting payment, I will give you my choicest items!

イス=ギュフ : もし引き受けてくださるのなら、
それを対価として、私の集めた選りすぐりの品々を贈るわ。
旅の役にも立つはずよ!

Ys Gyuf: Please let me know when you have removed all the flamespores. Scour every corner of the cave, leave no stone unturned!

イス=ギュフ : この洞窟の中に生えている、
「フレイムスポア」を抜いてきてほしいの。
すみずみまで、しっかり探してみてね!

Ys Gyuf: You’ve already removed the flamespores? How very quick you are!

イス=ギュフ : あらまあ、「フレイムスポア」を抜いてきてくれたのね!
なんて素早い仕事なのかしら!


Ys Gyuf: Oh, but did you perchance search by the western entrance as well? I’m told that more have cropped up in that area.

イス=ギュフ : ……そういえば、西の入口の方も見てくださった?
そこでも「フレイムスポア」を見かけたという話を聞いたから、
まだ行ってないようなら、よろしくね。

Ys Gyuf: I’m told more flamespores have cropped up by the western entrance. Please tend to them as well!

イス=ギュフ : 西の入口の方にも、「フレイムスポア」が生えているらしいの。
まったく、気がつくと増えていて困っちゃうわ!

Minfilia: <gasp>

ミンフィリア : …………!


Minfilia: I-I wasn’t spying on you or anything. I’ve just finished my task, and…

ミンフィリア : あ……えっと……
私、ちょうど自分の取引が終わったので、その……


Minfilia: I…I should go and report back.

ミンフィリア : …………い、いえ。
ごめんなさい、報告をすませてきます……!

Ys Gyuf: Ah, you are returned. Have you dealt with the flamespores by the western entrance as well?

イス=ギュフ : どうかしら?
入口の方も含めて、「フレイムスポア」は除去できた?


Ys Gyuf: Excellent! No more poisonous spores irritating our noses, for a little while at least!

イス=ギュフ : それはよかった!
しばらくは、毒の胞子に鼻がムズムズすることもなくなるわ!


Ys Gyuf: Oh dear, I believe I’m getting sentimental. Having a patron again…it reminds me of the old days. Fair every day, I would carry my wares to the castle to offer in exchange for men’s patronage.

イス=ギュフ : ……昔はね、こういう取引を、毎日のようにしていたの。
私は野山で素材を集めてくるのが得意だったから、
それを持って、お城まで取引に行ったりもしたわ。

Ys Gyuf: Back then the castle wasn’t called Lyhe Ghiah. The Voeburtites built it, and they named it Gruenes Licht.

イス=ギュフ : あのお城、今は妖精語でリェー・ギア城と呼ばれてるけど、
あれを建てたフッブート王家の時代には、
翠光の城……グリュネスリヒト城って呼ばれていたのよ。


Ys Gyuf: It was their last bastion in the struggle against sin eaters. And now they’re gone, all of them. Nobles and knights and commonfolk alike…

イス=ギュフ : 王族や騎士たち、それに城下町の住民も、
最後まで残ったヒトたちは、結局、罪喰いの餌食に……。


Ys Gyuf: But enough reminiscing─I must give you what you’ve earned!

イス=ギュフ : さぁて、対価をいただいたからには、
私もあなたに、相応の贈り物をさせてもらわないとね!


Ys Gyuf: And if you desire anything else I possess, I would be glad to offer them to you─for a fitting price, of course!

イス=ギュフ : それから、道具や素材を欲したときには、
ぜひまた私のところに来て頂戴。
お互いに良い取引をするとしましょう!


Ys Gyuf: Now, will you be offering your patronage to anyone else? If so, would you consider Wyd Lad?

イス=ギュフ : そういえば、最近「ウィド=ラド」の元気がないみたいなの。


Ys Gyuf: He’s been under the weather of late, and the chance to perform an honorable task would cheer him up.

イス=ギュフ : あなた、もしよければ、彼と取引してあげて?
名誉な仕事ができれば、きっと元気をとりもどすわ。

クエスト「だってここは茸窟」終了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です